GMOコイン、仮想通貨取引におけるユーザーの動向を発表

GMOインターネットグループで仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は3月9日、2020年1月末時点でお客さま口座の累計口座数が30万口座を突破したことを報告した。累計口座数は、2017年末には4.9万口座、2018年末には22.5万口座、2019年末には29.9万口座と順調に増加し、2020年1月には30万口座を突破しているという。


2017年〜2019年の販売所における年別の取引金額は、ビットコイン(BTC)が2017年、2019年において最多となり、2018年はXRPが最も多く取引された。また、ビットコイン(BTC)とアルトコインの販売所における取引金額を比較すると、2017年と2018年はアルトコインが多く取引されているが、2019年はビットコイン(BTC)が多く取引されるという結果となった。


GMOコインユーザーの2020年1月の販売所における取引金額は、ビットコイン(BTC)が販売所における取引のうち約70%を占め最多となった。また、アルトコインの中ではXRPが最も多く取引されており、販売所における取引のうち12%という結果となった。


また、GMOコインでは、スマートフォン向けのアプリとして「ビットレ君」と「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」の2アプリを提供している。アプリでの注文件数の内訳は「ビットレ君」が65%、「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」が35%となり、「ビットレ君」での注文件数がより多いという結果になったという。

【関連記事】GMOコインの口コミ・評判・口座開設
【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】XRP(エックスアールピー)とは?特徴・仕組み・購入方法


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」