GMOコイン、BAT取扱開始以降で2020年6月に取引金額が最多に

GMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、暗号資産取引業を営むGMOコイン株式会社は8月31日、同社の「販売所」におけるベーシックアテンショントークン(BAT)の取引金額の推移を発表している。

ベーシックアテンショントークンの取引金額は、6月が最多となった。終値でみると、ベーシックアテンショントークンの価格は3月から6月にかけて毎月10%以上の上昇を続けましたが、7月には2.69%下落している。また、月ごとの騰落率は、4月に記録した28.98%が最大となった。

【関連記事】GMOコインの口コミ・評判・口座開設
【関連記事】ベーシックアテンショントークン(BAT:Basic Attention Token)とは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。