ブロックチェーンはいまだ幻滅期の底に、ガートナーがハイプ・サイクル2020年度版を発表

世界最大規模のITアドバイザリ企業であるガートナーは9月10日、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表した。

同ハイプ・サイクルにおいて、2019年版で幻滅期の谷に向かっていた「ブロックチェーン」は2020年版でも同様に谷底へ下降し続けている。

アナリストでバイス プレジデントの鈴木 雅喜は次のように述べている。「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、社会を取り巻くデジタル化のトレンドがさらに加速する中、企業のビジネスにとって重要なインフラ関連テクノロジは、未来へ向けて大きな変化の時を迎えています。2020年版の本ハイプ・サイクルに含まれるキーワードについては、デジタル化を推進するすべての企業が重視する必要があります。CIOやイノベーションのリーダーは、本ハイプ・サイクルを活用して注目すべきテクノロジを認識し、適用時期の検討を開始しなければなりません」

【参照記事】ガートナー、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。