Facebookの仮想通貨にVISA、Mastercard、Uberなどの大手企業が出資へ

大手SNSフェイスブックの独自仮想通貨プロジェクトコンソーシアムに、クレジットカード大手VisaやMastercardをはじめ、配車サービスのUberなどを含む十数社が参画することで合意した。6月13日、ウォールストリートジャーナルが報じている。

関係者によると、プロジェクト参加企業はフェイスブックの仮想通貨管理にあたるコンソーシアムに約1,000万ドル(約10億8000万円相当)をそれぞれ出資するという。このコンソーシアムの運営にあたり、フェイスブックは外部に財団を立てる方針だという。さらに、100以上の組織をノードとすることで、単一の組織が力を持つ「中央集権」的要素を薄めたい狙いが窺える。

フェイスブックの独自仮想通貨「グローバルコイン」は、法定通貨にペグするステーブルコインとして発行され、自社メッセージングアプリ「Messenger」や「WhatsApp」、画像や動画共有のできる「Instagram」などで使用が可能となると言われている。

Forbesが6月9日に報じた記事では、フェイスブックの発行する仮想通貨が発展途上国のインフレ阻止や、米国の銀行システムへの挑戦といったポジティブな側面がある一方、規制の不明確さと立ち向かうことになるネガティブな側面も持つが、最終的にはビットコインに利益をもたらすきっかけになるとしている。このグローバルコインの詳細については、6月18日に公表される予定だ。注目していきたい。

【参照記事】Facebook’s New Cryptocurrency, Libra, Gets Big Backers
【参照記事】What Facebook’s Cryptocurrency Means: 6 Predictions


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」