金融機関の仮想通貨への関心高まる。ドイツの証券取引所幹部「欧州マネーロンダリング防止指令改正の影響は予想以上」

ドイツの証券取引所ベールゼ・シュトゥットガルトの幹部は、第5次マネーロンダリン防止指令(AMLD5)の施行により、予想以上に金融機関が仮想通貨に関心を寄せていると語った。3月10日、ビットコイン・デジタル通貨ニュースメディアのCoinDeskが伝えている。

ドイツで第2位の証券取引所ベールゼ・シュトゥットガルトの最高デジタル責任者ウーリ・スパンコウスキー氏は、3月10日にロンドンで開かれたクリプトコンペア・デジタルアセットサミットで、今年1月に施行されたAMLD5によるポジティブな影響に驚いていると語った。

AMLD5はEU加盟国に拠点を置く仮想通貨関連企業に対して、各国の規制当局への登録や顧客確認(KYC)の実施、顧客の資金源に関する情報保持を義務付けた。スパンコウスキー氏は「銀行や他の金融機関はすでに仮想通貨カストディやトレーディングを行うことができていたので、何も起こらないと思っていた」と語る。しかし、AMLD5が施行されて以来、従来の金融プレーヤーから多くの関心が寄せられているという。「クリプトは今やバッドでも違法でもないため、規制当局からライセンスを得れば正業となります」、スパンコウスキー氏は加えた。

ベールゼ・シュトゥットガルトは昨年9月に子会社であるデジタル資産取引所BSDEXをローンチした。120の金融機関の顧客とドイツ金融規制当局とのリレーションによりBSDEXはデジタル資産クラスへの信頼されたゲートウェイとして機能する可能性がある。スパンコウスキー氏はさらに、欧州全域の金融機関とビジネス関係を有すベールゼ・シュトゥットガルトが仮想通貨の「ゲートオープナー」になる可能性があるとして、同社にとっての「スウィートスポット(注力分野)」だと強調した。

AMLD5に関連して、今年1月にドイツ銀行法が改正されてドイツの金融規制当局であるBaFin(ドイツ連邦金融監督庁)による仮想通貨カストディ・ライセンス制が導入された。これが仮想通貨市場やトークン化された資産市場の成長を後押しするとみる専門家もいる。欧州市場の金融市場と仮想通貨市場の融和が進みそうだ。

【参照記事】Europe’s New AML Rules Made Crypto More Attractive to Institutions, Says Boerse Stuttgart Exec

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。