スターバックス・アプリの支払手段に「Bakkt Cash」、最初の小売り決済テストを開始

Bakkt(バックト)のアダム・ホワイト社長は自身のツイッターで3月16日、決済ツール「Bakkt Cash」をスターバックスのモバイルアプリに統合した事を発表した。スターバックスのモバイルアプリユーザーは、試験的に「Bakkt Cash」でコーヒーの代金を支払うことが可能となっている。

2018年8月にインターコンチネンタルエクスチェンジ(ICE)が設立を発表したBakktは、機関投資家向けの規制されたビットコイン先物取引・保管プラットフォームだ。ICEはBakkt設立に当たってスターバックスやマイクロソフトと提携しており、当初から消費者向けの支払いアプリケーションに関心を示してきた。実際にBakktが小売店の支払いオプションとして決済機能を統合するのはスターバックスが初めてとなる。

現在のところ「Bakkt Cash」はベータ版であり、早期利用プログラムに登録したスターバックスのモバイルアプリユーザーのみが利用可能だ。Bakkt関係者の情報に基づいてCoindeskが伝えたところによると、スターバックス・アプリでの「Bakkt Cash」の支払利用はあくまでもテスト期間中に限定されている。

Bakktは3月16日、デジタル資産関連サービス開発を継続するためにシリーズB資金調達で3億ドルを調達したことを発表した。投資ラウンドにはICE、マイクロソフトの投資部門M12、フィンテック企業PayU、ヘッジファンドのPantera Capital、ボストン コンサルティング グループなどが参加した。

ホワイト氏は以前からビットコインに「ストアオブバリュー(価値貯蔵手段)」以外のユーティリティが必要と主張してきた。2019年7月のビジネスインサイダーによると、「アメリカで店舗数が最も多いファストフード・チェーン」でスターバックスは1万4608店舗で第2位とされた。スターバックスでの決済利用は仮想通貨のアダプション(採用)を推し進めると期待されるため、今後の動向に注視したい。

【参照記事】Bakkt Announces New Direct Payment Integration With Starbucks

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。