第11回目となる「仮想通貨交換業等に関する研究会」で仮想通貨規制に関する報告書を公表

金融庁は12月14日、今回で第11回会合となる「仮想通貨交換業等に関する研究会」を開催し、過去の会合で議論された仮想通貨規制に関する報告書を公表した。

本研究会は、コインチェック社の管理する顧客の仮想通貨が外部に流出した事案や仮想通貨交換業者の内部態勢などの不備、仮想通貨の投機性についての指摘に対応するかたちで設置された。今回の報告書では、仮想通貨交換業者が保有する顧客の仮想通貨が流出した際の弁済方針の策定・公表、顧客の仮想通貨の管理体制についてやインサイダー取引などに対する対応、機関投資家に向けた仮想通貨の保管・管理サービスであるカストディ業務における規制など、仮想通貨デリバティブ取引への規制の必要性などについて触れられている。

金融商品取引法における具体的な事例と比較されながら、仮想通貨取引の実態をベースに検討・対応をしていくことが重要だとして締められている本報告書。ICOへの対応や情報開示の仕組み、経過措置のあり方についてもまとめられているが、仮想通貨の特性上、一国での対応に限界があることから今後は国際的な協力の中で規制への対応が進んでいくことが考えられる。

【参照URL】仮想通貨交換業等に関する研究会 報告書(案)


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」