Braveブラウザの亜種「Braver Browser」、有志開発者が立ち上げ

広告ブロック機能とトークンエコノミーを備える次世代ブラウザBraveのフォーク“Braver Browser”が、有志の開発者グループによって6月6日にリリースされた。亜種の開発チームは、「Noトークン、Noアドウェア、Noリファラルリンクの挿入」を掲げている。米ブロックチェーンニュースメディアDecryptが6月9日、伝えている。

今月初め、Braveブラウザのアドレスバーで入力される特定の検索クエリに対し、アフィリエイトコードが付随したリファラル(紹介)リンクが提示されることが発覚した。そのため、Braveブラウザ開発元の米Brave Software社に批判が殺到した。

リファラルリンクから送客を促すことで、Braveチームはアフィリエイト手数料を得ることができる。実際にアフィリ・コードは、海外大手仮想通貨(暗号資産)取引所BinanceやCoinbase、仮想通貨ウォレットのLedgerやTrezorなどで確認された。6月9日にBraveチームは、リファラルリンクについて正式に謝罪し「うっかりミス」であると弁明。該当リンク経由でBinanceから一切報酬を受け取っていないと述べ、リファラルリンクが表示される状況を修正し、再発防止に努めると約束している。

Braveは、広告ブロック機能を標準搭載し、Webサイト訪問者のデータ収集を防ぐ技術を実装しており、高速ブラウジングとプライバシー保護のポリシーで支持を得ている。ネイティブトークンである「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」はオプトインの広告表示や投げ銭など、Brave独自の報酬プログラムに活用できる。

“Braver Browser”を含めたBrave亜種の開発者は、これらの技術やアップグレードを管理する必要があるとしている。このようなBraveブラウザの亜種は以前にも作成されている。2019年4月にソーシャルメディアGabは、BATトークンをビットコインに置き換える目的でBraveをフォークした。ブロックチェーン領域ではこうしたフォークは珍しいものではないものの、過去にはビットコインにおける度重なるフォークが問題視された。“Braver Browser”はユーザーにどのように受け止められていくのか注目していきたい。

【関連記事】Basic Attention Token(BAT)とは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Developers are forking Brave to remove affiliate links

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。