ブロックチェーンはコモディティ市場のプライシングを変えるか

ブロックチェーンは石油や天然ガス、金などコモディティの価格を決定するテクノロジーになる可能性があるという。12月3日、米Forbesが伝えている。

過去30年間、金、石油、天然ガスなどのコモディティは価格で設定方法は不透明だ。客観性に欠けるレポートや提示された価格が信頼性をより低めることとなり、規制サイドも取り締まりが困難な状況だ。

こうした中、近年注目が集まるブロックチェーンはすべての取引を安全かつ正確に補足するという特徴を持っていることから、コモディティの価格決定プロセスで新たなベンチマークを定める手段として期待されているという。報道によれば、ブロックチェーンの導入により、日中取引市場に流動性をもたらし、ほぼリアルタイムに価格が公開される他、新たな市場や取引機会をつくるなどさまざまなメリットが見込まれる。

液化天然ガス(LNG)の価格設定を例に挙げると、従来のプライシングは選別された取引レポートと人による判断によって行われている。これがブロックチェーンによって、仲介者は人の判断が介することがなくなり、透明性が増すことになる。また、過去の取引履歴も改ざんされることもなくなるため、コモディティ市場に大きな変革をもたらす可能性がある。

【参照記事】Why Blockchain Is The Future of Commodity Pricing

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」