2020年に半減期を迎えるビットコイン、半減期後は価格上昇なるか

仮想通貨の取引高一位のビットコインは2020年、マイニング報酬を半分にする半減期を迎える。2020年の半減期は、3回目となる。これまで2回のビットコイン半減期では、ビットコイン価格が急騰した。

2020年のビットコイン半減期について、Twitterの仮想通貨分析アカウントCryptoRandは、株価を参考にしてビットコイン価格が10万米ドルに到達する可能性があると予想した。また取引分析アカウントRekt Capitalは、約10,000米ドルから38万5,000米ドルから42万5,000米ドルの間になる可能性を示唆した。

最初の半減期があった2012年にはマイニング報酬が50BTCから25BTCになり、2番目の2016年には25BTCから12.5BTCへ減り、今回は12.5BTCから6.25BTCになる。ビットコインの上限数である約2100万BTCに達する2140年には、新規に生成して報酬を与える発行が終了する。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」