世界第5位の中国銀行がリップルの送金システムを採用か

中国銀行(バンクオブチャイナ)は先月、リップルの送金システムを採用する計画を明らかにしたとThe Financial Analystが報じた。現状では、銀行での国際送金は処理時間の長さや手数料の高さが目立っているが、リップルネットワークの活用、そしてXRPでの送金が実装されれば、国際送金を直接、そして迅速に行うことが可能になる。

中国銀行は中国国内における四大銀行に数えられており、世界でも第5位の総資産を誇る商業銀行だ。XRP採用の影響は計り知れない。一方で、中国では仮想通貨への規制が強まってもいる。具体的な時期や計画などは報道されていないため、まずは続報を待ちたい。

【参照サイト】Bank of China Mulls Ripple Crypto Implementation

【関連ページ】リップルとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。