auじぶん銀、JRTT発行の「CBIプログラム認証付きサステナビリティボンド」に投資

auじぶん銀行株式会社は8月27日、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)が今月発行する「CBIプログラム認証付きサステナビリティボンド」への投資を決定したと発表した。SDGs(持続可能な開発目標)への取組みの一環で、今回の投資を契機にESG(環境・社会・ガバナンス)投資を推進していく。

ESG投資は財務情報に加え、非財務情報を踏まえて企業分析、投資判断を行うもの。調達資金の使途が①環境改善効果があること(グリーン性)②社会的課題の解決に資するものであること(ソーシャル性)を兼備する債券「サステナビリティボンド」は、ESG投資の受け皿として、同社も注目する。

JRTTのサステナビリティボンドは、複数の国際基準に適合するほか、国際的な第三者評価機関であるDNV GLによる検証、環境改善効果については、DNV GLによる評価に加え厳格な国際基準を設ける国際NGOのClimate Bonds Initiative(CBI)からのプログラム認証(一度の認証で継続的な債券発行が可能となる制度)を、アジアで初めて取得している。20年度の発行総額は1056億円程度を予定。auじぶん銀行では、債券の発行により調達した資金が充当される事業は国連のSDGsの達成にも貢献するとして、投資を決めた。

同社は2020年4月、「SDGs推進室」を設置。次の時代を担う子どもから、持続可能な社会づくりに取り組まなければならない大人までがSDGsを学び、取り組むきっかけをつくる参加型、体験型のプロジェクト「SDGs未来会議」などを手掛けている。「ESG投資の推進を通じて、社会的課題や環境問題の解決に繋がる事業、SDGsの達成に貢献する事業を資金面からサポートし、社会的使命・役割を果たしていく」という姿勢を鮮明にした。

【参照記事】auじぶん銀行株式会社『~独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)が発行する 「CBIプログラム認証付きサステナビリティボンド」への投資を決定~』

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」