ステーブルコインPAXおよびBUSDが裏付け資産の内訳を公開、USDCおよびUSDTとの比較も

ステーブルコインPaxos Standard(PAX)とBinance USD(BUSD)を運営するPaxosが、裏付け資産の内訳を7月21日に公開した。既に公開されているUSD Coin(USDC)やTether(USDT)に続く形となっている。

Paxosは、自社運営のPAXとBUSDが、他のステーブルコインと比べてより規制に準拠した信頼の高いステーブルコインであることを主張。USDCとUSDTと比較をする形で裏付け資産について説明した。

USDCやUSDTと比べて詳細な開示とはならなかったものの、PAXおよびBUSDの裏付け資産は96%が現金または現金相当物になるという(残りの4%は米国財務省短期証券)。USDCが61%、USDTが2.9%であることを明記した上で、自社のステーブルコインは規制当局によって包括的に監視されているとアピールしている。

PAXおよびBUSCは、いずれも米ドルを担保に発行されるステーブルコインだ。PAXはPaxos社が運営しており、BUSDはBinanceと共同で運営している。Paxosによると、これらはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)によって監視されているという。

なお、USDCおよびUSDTの裏付け資産の内訳は次の通りだ。

USDC(2021年5月28日時点)

  • 現金および現金同等物:61%
  • 国外の銀行が発行するCD(Certificates of Deposit):13%
  • 米国債:12%
  • コマーシャルペーパー:9%
  • 社債:5%
  • 地方債と米エージェンシー債:0.2%

USDT(2021年3月31日時点)

  • 現金及び現金同等物、その他短期預金、コマーシャルペーパー:75.85%
  • コマーシャルペーパー:65.39%
  • 受託者向け預金:24.12%
  • 現金:3.87%
  • リバース・レポ・ノート:3.6%
  • トレジャリー:2.94%
  • 有担保貸付(関連会社への貸付はなし):12.55%
  • 社債、ファンド、貴金属:9.96%
  • その他の投資(デジタルトークンを含む):1.64%

【参照記事】A Regulated Stablecoin Means Having a Regulator | Paxos Paxos powers the only safe, regulated and liquid

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec