Phantom Galaxiesが注目されている理由【2022年ローンチ予定のGameFi(ゲームファイ)】

今回は、Phantom Galaxiesについて、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. Phantom Galaxiesとは?
    1-1.Phantom Galaxiesとは何か?
    1-2.ポリゴンブロックチェーンをベースに構築
    1-3.開発を主導するBlowfish StudiosとAnimoca Brandsとは?
  2. Phantom Galaxiesとはどんなゲームか?
    2-1.ゲームコンセプト
    2-2.ゲーム内容
  3. Phantom Galaxiesが注目される理由
    3-1.Animoca Brandsによるプロジェクトであるという事
    3-2.Phantom Galaxiesの将来性
  4. まとめ

2022年にローンチ予定のGameFiプロジェクトは数多くありますが、中でも注目されるプロジェクトの一つが「Phantom Galaxies(ファントム・ギャラクシーズ)」です。今回は「Phantom Galaxies」の概要と注目される理由について解説します。

①Phantom Galaxiesとは?

Phantom
まずは、Phantom Galaxiesの概要について解説します。

1-1. Phantom Galaxiesとは何か?

Phantom GalaxiesはPolygonブロックチェーンゲーム上に構築されているGameFi、NFTブロックチェーンゲームです。まだ開発中のNFTブロックチェーンゲームですが、既にDiscordで10万人近いコミュニティを形成するほどに注目されています。ゲームアイテムのNFT化、Metaverse(メタバース)上の土地の所有権のNFT化、P2E(Play to Earn)システム、DAO(分散型自律組織)など、GameFi(ゲームファイ:ゲーム+ファイナンスの略)としての要素をすべて備えています。

1-2. ポリゴンブロックチェーンをベースに構築

Phantom Galaxiesはイーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューション「Polygon」を採用しています。Polygonはイーサリアムと互換性が高くNFTマーケットプレイスでの採用の多いブロックチェーンです。いよいよMetaverse、GameFiの世界でも採用されるようになってきました。Polygonはトランザクション処理能力が高く手数料が安価です。ユースケースの多彩さもあって、ユーザビリティの高いブロックチェーンとなっています。

1-3. 開発を主導するBlowfish StudiosとAnimoca Brandsとは?

Phantom Galaxiesの開発は、Blowfish studiosがインターフェイスを担当し、Animoca Brandsがバックエンドのブロックチェーン技術を担当します。Blowfish Studiosは、シドニーを拠点とする独立系ゲーム開発者およびパブリッシャーで、これまでに『Blackwind』や『War Tech Fighters』などのインディーズ系のゲームパブリッシングをしています。

Animoca Brandsは、香港をベースとし、アメリカ、カナダ、アルゼンチン、韓国、フィンランド、エストニア、フランス、ドイツ、オーストラリア、チェコなどに世界展開しているブロックチェーン企業で、The SandboxなどのGameFiを始め、Fourmula1やDisneyなどのプロダクト開発を手がけています。

Phantom Galaxiesは、ゲーム制作とブロックチェーン開発において豊富な経験が持つ2社による開発となりますが、Animoca BrandsがPhantom Galaxiesの制作のためにBlowfish Studiosを2021年7月に買収しています。

②Phantom Galaxiesとはどんなゲームか?

次にPhantom Galaxiesがどのようなゲームなのか、ゲーム内容とエコシステムについて解説します。

2-1. ゲームコンセプト

Phantom Galaxiesは三人称視点のSFオンラインアクションRPGで、二大勢力のネオテラ連邦とSha’Kariが対立する宇宙空間を舞台とするゲームです。そのMetaverseはオープンワールドのスペースシムです。

プレイヤーは、ランサー、バスター、アサルト、ブリーチャーフレームの4つのそれぞれ違う特徴を持つクラスに別れ、ガンダムやトランスフォーマーのような形をした「Mechanized Starfighters」と呼ばれるロボットのパイロットとしてのキャリアをスタートします。

陣営間の戦闘に加え、惑星の探索をして貴重なリソースを発見することもミッションに含まれます。また、NFTゲームアイテムでもある自身の操縦するロボットのアップグレードなどをすることで、より価値の高いNFTを生成する事ができます。

2-2. ゲーム内容

Phantom Galaxiesのゲーム要素は、長編ストーリーコンテンツであるキャンペーンミッションと、1回限りのシナリオであるクエストをプレイすることです。所属するチームの目標であるオペレーション(デイリークエスト)とレイドも利用することができます。

ミッションの難易度は、ホームから離れるほど高くなりますが、戦利品はより価値のあるものとなる仕組みで、「反乱セクター」に入るとプレイヤーはさまざまな基地やリソースを獲得するために互いに競争します。また、惑星を購入・所有することで、惑星経営によるマネタイズができるようになる計画です。

③Phantom Galaxiesが注目される理由

最後にPhantom Galaxiesが注目されている理由と将来性について考察します。

3-1.Animoca Brandsによるプロジェクトであるという事

Phantom Galaxiesが注目されている一番の理由としては、このプロジェクトがAnimoca Brandsによるものであるという点が大きいと言えます。

Animoca Brandsはブロックチェーン企業として技術力が高いというのみならず、150以上ものNFT関連の仮想通貨企業に投資をしています。有名なところではAxie Infinityを運営するSky MavisやNBA Top Shotを運営するDapper Labs、OpenSea、Bitskiなどが挙げられます。

つまり、これらの企業との関係性が深いということは、Animoca Brandsのプロジェクトを推進するチャネルが多いということにもなります。そのため、Animoca Brandsが推進する仮想通貨プロジェクトは他の仮想通貨プロジェクトよりも有利な位置からスタートできると考えてよいでしょう。

3-2. Phantom Galaxiesの将来性

Phantom Galaxiesの将来性はかなり高いと考えられています。

理由としては、GameFiの領域においてAnimoca Brandsの知見が非常に高く、NFT関連企業との強力なネットワークを持っていることや、アジア・オセアニアを中心としたユーザーに強いという点があります、

早期アクセスベータ版は2022年第3四半期に開始される予定ですが、ガバナンストークンのプレセールスやパブリックセールスの開始の際には、どれくらいの勢いで資金が集まるか仮想通貨業界においても非常に注目されています。

④まとめ

Phantom GalaxiesがAxie Infinityのように人気を博すGameFiに成長すればそのガバナンストークンやNFTアイテムも大幅な上昇が見込めることとなります。早期にこのようなトークンを入手するためには海外仮想通貨取引所やDEXでの取引が必要となりますが、それらの取引所を利用するには国内の仮想通貨取引所で口座開設をして、ビットコインやイーサリアムを購入する必要があります。口座開設はスマートフォンだけで簡単にできるCoincheckやGMOコインなどの仮想通貨取引所でまずは口座開設を行っておくと、今後ゲームを行いたいと思った場合でもすぐに対応できるためおすすめです。

Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判・口座開設

GMOコインの口コミ・評判・口座開設

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12