世界のトップ大学50校、42%は仮想通貨やブロックチェーンの講義を設けている

米国のサンフランシスコに拠点を置く仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)は8月28日、「高等教育におけるブロックチェーンや仮想通貨の講義について」のレポートを発表した

世界のトップ大学50校、16歳以上の学生675人を対象に行われたレポート内のデータによると、トップ大学50校の42%はブロックチェーンか仮想通貨に関する講義を設置しており、22%の大学は複数の講義を設けている。熱心にブロックチェーンと仮想通貨の講義をとっている学生は、コンピュータサイエンスと工学専攻で17%、経済学と数学専攻で15%、商学は11%であった。また、調査した学生675人のうち17%は、仮想通貨とブロックチェーンについての知識を得ることはとても良いと回答し、18%の学生は仮想通貨を保有していることがわかった。

マネジメントの父と呼ばれるピーター・ドラッカーが教授を務めていたニューヨーク大学スターンスクール・オブ・ビジネスの金融学を教えるDavid Yermack氏は、ビットコインの講義を他の大学に先んじて導入した。David Yermack氏は、「ブロックチェーンや仮想通貨を勉強すれば、学生は大きなメリットを得られる」と言う。近年、仮想通貨やブロックチェーンに注目が集まり、そうした知識をもつ学生は企業からの需要が高く、就職先に困ることがないため、学ぶ動機の一つになっている。

【参照記事】The rise of crypto in higher education

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」