さとふる、地域と寄付者がつながるオンラインコミュニティ「ふるさと応援サロン2021 東北の秋を楽しむ!編」開催

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるは、自治体・事業者・寄付者が交流できるオンラインコミュニティ「ふるさと応援サロン2021 東北の秋を楽しむ!編」を10月25日から開始した。宮城県気仙沼市、山形県尾花沢市を応援するメンバーを募集中だ。

ふるさと応援サロンは、地域のファン創りを目的に2020年に開始。新型コロナウイルス感染拡大の影響で地域へ直接足を運ぶ機会が制限される中、離れた場所でも自治体・事業者・寄付者の三者が交流できる。参加メンバーは、オンラインイベントへの参加や事前に送付された地域の特産品(サンプル品)を通して、自宅にいながら実際に訪れたように、地域の人々との交流や、地域の魅力を楽しむことができる。

21年8月に開催した「九州の自然を満喫!編」では、参加した自治体・事業者・寄付者の約96%が「次回も参加したい」と回答。コロナ禍でも地域や特産品の魅力を発信したい自治体・事業者と、地域を応援したい寄付者がつながり交流する、両者で満足度の高い活動になったという。

今回の東北編では、東北地方からサメの水揚げ量日本一を誇る気仙沼市、山形県の北東部に位置し、「花笠おどり」の発祥地として知られ、スイカの夏の生産量日本一を誇る尾花沢市が対象。気仙沼市は海産物のほか農産物、B級グルメ「気仙沼ホルモン」など美食の街としての一面を持ち、同サロンでは現在放送中の朝の連続テレビ小説の舞台となった気仙沼・大島からの中継や、サンプル品として参加者へ送るフカヒレなど地域の食材を生かした特産品の美味しい食べ方を紹介する。尾花沢市は、大正ロマン溢れる街並みが美しい銀山温泉から中継し、地域を知り尽くした地元のガイドが温泉街の景色や尾花沢の食の魅力を伝える。

内容は①地域の魅力をよりいっそう楽しめるメンバー限定のオンラインイベント②地域の魅力を体感する品のプレゼント③ふるさと応援サロン専用のTwitterアカウント「ふるさと応援サロン2021 by さとふる」(@satofull_salon)で、応援する自治体や事業者が発信する情報を紹介する。オンラインイベントはZoomを使用して行い、定員50組、1組あたり1~5名、家族参加歓迎。参加費は無料で、2つのイベントのどちらも参加できる参加者の募集を11月3日まで募る。開催日時は気仙沼市が11月18日、尾花沢市が11月23日で、いずれも午後3時から午後4時まで。

【関連サイト】ふるさと応援サロン
【関連サイト】ふるさと納税サイト「さとふる」
【関連サイト】さとふるの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ふるさと納税チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ふるさと納税チーム

HEDGE GUIDEでは、ふるさと納税に関する最新ニュース、ふるさと納税を利用する前に知っておくと良い基礎知識、ふるさと納税サービスの選び方、おすすめのお礼品などをわかりやすく解説しています。