楽天、仮想通貨交換業へ参入。みんなのビットコインを2億6,500万円で買収

楽天株式会社(以下、楽天)は8月31日、仮想通貨交換業者のみんなのビットコイン株式会社(以下、みんなのビットコイン)の全株式を楽天カード株式会社を通じて取得したことを発表した

楽天グループは、Eコマースにとどまらず、トラベル、デジタルコンテンツ、通信等のインターネットサービス、当社グループの提供するクレジットカード関連サービスをはじめとする銀行、証券、保険、電子マネーといった70を超える金融サービスを提供している。こうした中、楽天グループでは、2016年にブロックチェーンの研究機関として「楽天ブロックチェーン・ラボ」を設立し、研究を進めいた。

みんなのビットコインは、2017年3月30日に仮想通貨交換所サービスを開始した仮想通貨交換業のみなし交換業者だ。2018年4月には関東財務局により業務改善命令が発出され、現在はその対策に取り組んでいる。同社は事業体制の確立や仮想通貨交換業者の登録を目指すために、楽天グループの傘下として同グループの金融事業ノウハウとのシナジーを考慮し株式譲渡の合意に至った。

この度の株式取得価額は2億6,500万円で、株式譲渡は10月1日に行われる。楽天は、本件によるグループの連結業績への影響は軽微であるとしており、進捗に応じて開示すべき事項を開示していくとしている。

【参照記事】みんなのビットコイン株式会社の株式取得に関するお知らせ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」