MUFG、米大手CDN企業Akamaiと共同でペイメントネットワーク会社を設立

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)は2月12日、Akamai Technologies, Inc.(以下、Akamai)と共同で、ペイメントネットワーク事業を執り行うGlobal Open Network株式会社(以下、Global Open Network)を設立した。

Akamaiは米大手CDN(Content Delivery Network:コンテンツデリバリネットワーク)事業者だ。世界130位上の国にまたがる1,700以上のネットワーク内に、240,000台以上のサーバーが配置されており、米国防省やYahoo!、アップル、IBM、Amazon.comなどの顧客をもつことでも知られている。

Global Open Networkは、包括的な金融サービスを提供するMUFGにおけるペイメント事業とAkamaiが提供する世界最大のクラウド配信プラットフォーム「エッジプラットフォーム」を活かし、ブロックチェーン技術を基盤としたオープンなペイメントネットワークの提供を目指す。同サービスは2020年上期を目処に開始される予定だ。

MUFGとAkamaiは2018年5月、「決済処理速度2秒以下、世界最速の取引処理性能毎秒100万件超の取引」を可能にする新型ブロックチェーンの開発の発表をしている。両社は、この新型ブロックチェーンにより、「使っただけ課金(時間単位課金)」や「マイクロペイメント(少額支払い)」、「シェアリングエコノミー(共有型経済)」といった多様な決済をサポートすることを目指すとしていた。

近年、金融領域におけるブロックチェーンの利用が進み始めている。今回の新社設立もブロックチェーンが実需に向かうための一歩と言えるだろう。今後実用化されるペイメントサービスが新たなゲームチェンジャーとなるのか期待が高まる。

【参照記事】「Global Open Network 株式会社」共同設立について
【参照記事】新たなペイメントネットワークのサービス提供へ向けた新型ブロックチェーンの開発について

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」