Corda Enterpriseの魅力とは?ブロックチェーン企業がハイパーレジャー・ファブリックからの移行を決断した理由

ブロックチェーンベースの不正防止ソリューション開発・提供を行うMonetaGoは2月26日、同社の不正防止ネットワークをハイパーレジャー・ファブリックからR3のCorda Enterpriseへ変更すると発表した。

2018年3月に発表されたMonetaGoの詐欺軽減ネットワークでは、銀行向けのソリューションで、請求書が既に履行済みかどうかやその信憑性を検証できる。貿易金融メディアGTR(Global Trade Review)によると、この詐欺軽減ネットワークはインドのSWIFT送金において実証実験が進んでいることが報じられている。また、Corda Enterpriseへの移行によってメキシコの6つの銀行で構成されるコンソーシアムでもローンチが進んでいる。

GTRによると、MontenaGoがCordaへ移行する理由には、データのプライバシー、スケーラビリティ、相互運用性と開発者の生産性があることが報じられている。MontenaGoのCEOであるJesse Chenard氏は、GTRに対して、現状で「最も適しているのがCordaだ」と回答している。

Corda Enterpriseはブロックチェーンの中でも金融取引に特化し、商用利用可能なプラットフォーム構築を目指すコンソーシアムチェーンだ。Corda Enterpriseでは、分散型アプリCorDappsによって、貿易金融、保険などのさまざまな金融サービスが網羅される。知る必要のある当事者間のみでデータが共有され、PoW(Proof of Work:プルーフ・オブ・ワーク)のようなコンセンサスアルゴリズムを必要とせず、二重支払いなどの不正を防止する仕組みが構築されている。また、大規模で複雑な組織のニーズに合わせた24時間365日のサポートなど、エンタープライズ向けのサポートが提供されることも特徴だ。

【参照記事】Using R3’s Corda
【参照記事】MonetaGo switches to R3’s Corda from Hyperledger

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」