三菱ケミカル、サーキュラーエコノミー推進部を新設

三菱ケミカル株式会社は4月1日付で「サーキュラーエコノミー推進部」を新設、サーキュラ―エコノミー(循環型経済)に向けた取り組みを強化する。

設立にあたり、同社は「世界は気候変動、生物多様性の喪失、人口増大に伴う食糧・水資源・エネルギーアクセス、プラスチック廃棄と海洋プラスチックごみ問題など、多くの解決すべき課題を抱えており、その解決には世界規模での取り組みが求められている」と背景を説明。原料・素材から最終製品・サービスに至るまで幅広い事業を運営する総合化学メーカーとして、社会の一員として「社会課題に真摯に向き合い、自らの環境負荷低減にとどまらず、技術・製品・サービスを通じソリューションを提供し続ける責任があり、その役割を担うことができる」と自負する。

新設する同部はグローバルな視点・規模で、事業部門の枠を超え、サーキュラーエコノミーに関連するソリューションの提案と事業化を推進、顧客、取引先、アカデミア、ベンチャーやスタートアップなどとの連携も積極的に実施していくという。

三菱ケミカルホールディングスグループは、資本の効率化、イノベーション創出、サステナビリティの向上を、時間や時機を意識しながら一体的に実践し、企業価値を高めていく独自の手法「KAITEKI経営」を経営理念に掲げる。2019年5月にサーキュラーエコノミー推進委員会を立ち上げ、社会価値と経済価値のクロスオーバーとしてサーキュラーエコノミーをグループ横断的に推進している。三菱ケミカルは今年2月、スイスのエンジニアリングプラスチック(エンプラ)のリサイクル会社Minger Kunststofftechnik AGとMinger Plastic AGの買収を発表、サーキュラーエコノミーの推進姿勢を鮮明に打ち出している。

【参照記事】サーキュラーエコノミー推進部の新設について

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」