金融庁、みなし仮想通貨交換業者3社を行政処分

金融庁は4月6日、みなし仮想通貨交換業者3社に対する行政処分を行ったと公表した。行政処分の対象となったのは、FSHO株式会社、株式会社エターナルリンク、株式会社LastRoots。

金融庁は、FSHO、エターナルリンクに対しては、業務停止命令と業務改善命令を発出した。FSHOは業務停止命令を受け、仮想通貨の交換等に関し利用者に対して負担する債務の履行等を除く、仮想通貨交換業に係る全ての業務を2018年4月8日から6月7日までの間、停止する。また、エターナルリンクは業務停止命令を受け、仮想通貨の交換等に関し利用者に対して負担する債務の履行、利用者財産の返還のための業務及び当局が個別に認めたものを除く、仮想通貨交換業に係る全ての業務を2018年4月6日から6月5日までの間、停止する。

先日、金融庁が週内にも複数のみなし業者に対して業務停止命令や業務改善命令を発出し、一部登録申請を取り下げるとも報じられていた中、3社に対し、行政処分が行われた。仮想通貨市場健全化に向けた動きは徐々に進行している。

【参照ページ】FSHO株式会社に対する行政処分について
【参照ページ】株式会社エターナルリンクに対する行政処分について
【参照ページ】株式会社LastRootsに対する行政処分について


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」