FLOC、9月からビジネスコースを開校。BCCCと連携しブロックチェーンプロフェッショナル人材の育成へ

一般社団法人ブロックチェーン推進協会(以下 BCCC)は8月23日、ブロックチェーン人材の育成事業を展開する株式会社FLOCと連携した「ブロックチェーン大学校」のカリキュラムを刷新・強化を発表した

BCCCは協会活動を通じ、公共や医療、流通、製造などあらゆる分野でのブロックチェーン技術の普及、及び技術者の育成を推進する企業だ。2016年4月の発足以降、順調に加盟企業数の拡大が進み、現在までに加盟企業数は200社を超えている。金融業界以外でもブロックチェーンの導入検討が進んでいるなか、ブロックチェーン技術の活用を拡大するための新たな部会の立ち上げや、技術検定制度の立ち上げなどにも注力し、幅広い業界におけるブロックチェーンの実装を目指している。

ブロックチェーン大学校は日本国内のブロックチェーンを活用するエンジニアや、ブロックチェーンの導入を検討する金融機関、企業等における担当者への教育カリキュラムとして2016年8月に開校された。当初は、協会加盟企業に受講を限定していたが、ブロックチェーンに関する関心が高まる中、2017年からは一般向けにも講座を開放。現在では、最短3か月でブロックチェーン技術が習得可能なスクール事業の運営の他、Fintech企業とブロックチェーン人材のマッチングを行っている。

9月から新たに開校される「ビジネスコース」は、ケーススタディやゼミ形式で講義を実施し、非エンジニアでもブロックチェーンに関する基礎知識を身につけていく。講義はブロックチェーンビジネスの最前線で活躍する講師による授業が開催され、各回90分全12コマ実施される。受講料は198,000円(税抜)で、遠隔地でも受講が可能なWeb受講オプションは50,000円(税抜)となる。

ブロックチェーン大学校では無料体験コースも用意されているので、まずはスクールの雰囲気を体験してみたいという方にもおすすめだ。

【参照記事】ブロックチェーン総合スクールを展開するFLOCとBCCCが連携しブロックチェーンプロフェッショナル人材の育成を加速
【関連記事】FLOCブロックチェーン大学校の口コミ・評判

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」