ふくおかフィナンシャルグループ、ブロックチェーン基盤のアプリに新機能を追加へ

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティング株式会社は12月19日、iBank社が運営するポイントサービス「myCoin(マイコイン)」のサービスを拡充した。拡充されたサービスは、①ポイント交換先の追加、② 「ユーザー間のポイント送付」(P2P送付)の2つだ。

ポイント先には楽天スーパーポイント、nanacoポイント、au Walletポイント、スターバックスカードが追加される。これによりmyCoinから交換できるポイントサービスは、全部で10サービスとなる。「ユーザー間のポイント送付」では、Wallet+のご利用ユーザー同士であれば、1枚(1ポイント)から myCoin を送る・または もらうことができる「ユーザー間送付(P2P送付)」を開始する。

myCoinは、ふくおかフィナンシャルグループのブロックチェーン関連技術を活用したマイレージサービス「mybank+(マイバンクプラス)」で利用可能なトークンだ。銀行マイレージサービスの260万会員の顧客を対象に、銀行サービスの利用シーンで取引に応じて「myCoin」を貯めることができる。貯まったmyCoinを使って、地域特産品や主要な共通ポイントへの交換の他、iBank社が運営するスマホアプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」の貯蓄口座(目的預金)に預金としてキャッシュバックすることも可能だ。

iBank社では、今後もブロックチェーン関連技術の特性を活かした新たなサービス・機能の拡充を行っていく考えだ。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。