ナイジェリアの中央銀行デジタル通貨「eNaira」が稼働を開始

ナイジェリアの中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「eNaira」が10月25日、稼働を開始した。eNairaはナイジェリアの通貨に取って代わるものではなく、補完的な役割を果たす通貨として設計されているという。

eNairaは、フィンテック企業であるBitt社が開発したもので、同社のデジタル通貨管理システム(DCMS)は、東カリブ中央銀行のCBDCにも採用されている。CBDCを利用するためには、「eNaira speed wallet」と「eNaira merchant wallet」の2つをGoogleとAppleのアプリストアからダウンロードする必要がある。

ナイジェリアの政府と中央銀行は、2月には銀行部門内での暗号取引を禁止しており、その4か月後にeNairaの導入が発表。10月25日の発表時点では約5億ナイラ(121万ドル)が発行されているという。

【参照記事】Nigeria’s eNaira CBDC Goes Live

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。