コインチェック、Enjin Coinの取扱いを1月26日に開始

コインチェック株式会社は1月19日、Enjin Coin(ENJ)の取扱いを1月26日から開始することを発表した。Enjin Coinは現在、国内の暗号資産交換業者において取扱いがなく、同社が国内初の取扱いとなる予定。

Enjin Coinは、ブロックチェーン資産発行プラットフォーム「Enjin Platform」で利用される暗号資産。イーサリアムをベースに発行されており、「Enjin Platform」によって発行されたデジタル資産であるNFT(Non-fungible token)の購入や、Enjin Coinを裏付けにNFTを発行することが可能だ。また、Enjin Coinの特徴の1つである「メルト(溶解)機能」により、不要となったNFTをEnjin Coinに戻すことができる。

「Enjin Platform」は、マイクロソフトの提供する大人気ゲーム「Minecraft」をはじめとする35種類のゲームとNFTの発行において連携していることで知られている。

【関連記事】Non-Fungible Token(NFT)とは・意味
【関連記事】Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。