ブロックチェーンエンジニアの需要は前年比517%増、去年に続き増加へ

テック人材のマッチングを行うHiredは3月1日、世界のソフトウェアエンジニアの最新レポートを発表した。レポートによると、ブロックチェーンエンジニアの需要は前年と比較して517%増加したことが明らかとなった。

ブロックチェーンエンジニアには、バックエンドエンジニア、システムエンジニア、ソリューションアーキテクトなどさまざまな職種がある。今後も、デジタルID、スマートコントラクトから従業員管理、分散データストレージなどでブロックチェーンの導入が進むにつれ、さらにブロックチェーンエンジニアの需要が高まることが想定されている。

ブロックチェーンエンジニアはその需要の増加に伴い、給与も上位3位を占めている。サンフランシスコのベイエリアでは15万5,000米ドル(約1,700万円)、ロンドンでは8万9,000米ドル(約1,000万円)となっている。

IT業界からのブロックチェーンエンジニアニーズは高まる一方、人材側に焦点を当てると、ブロックチェーンを最も学びたい技術と回答したのは12%に留まり、19%はブロックチェーンを学ぶ必要がないと回答した。

【参照記事】2019 State of Software Engineers

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」