Bitgate、観光促進に繋がる暗号資産「ルーラトークン」IEOに向けプロジェクト開始

観光に特化したデジタル通貨「ルーラコイン」を全国展開している株式会社ルーラと国内で暗号資産交換業を営むBitgate株式会社は7月8日、日本全国の観光地や観光資源と連携し、「Travel to Earn」をコンセプトにした世界初の暗号資産「ルーラトークン」のIEO実現に向けたプロジェクトを開始した。

「IEO(Initial Exchange Offering)」は、企業やプロジェクト等がトークンを活用した資金調達を行う仕組みであるICO(Initial Coin Offering)の中でも、暗号資産交換業者が主体となってプロジェクト審査およびトークンの販売を行う仕組み。資金を調達できるだけでなく、トークンを活用することでコミュニティを形成・強化しやすいのが特徴です。2022年6月現在で、日本国内で2つのプロジェクトが実行されている。

ルーラトークンとは、日本のポストコロナにおける観光業界、インバウンド旅行者の復興を目指し、国内観光を促進する「Travel to Earn」をコンセプトにした世界初の暗号資産。トークンを所有することで、全国の観光地で使える「VIPチケット」が付与され、そのチケットを使って、観光地で特別な体験ができたり、限定の宿泊プランやツアーに参加できたりと、観光地支援に繋がる様々な体験を得ることができる。

また、ルーラが運営する観光DAOに参加することも可能となり、収益分配だけでなく、ルーラコインの決済(決済金額の1%が自動で寄付される)で集まった観光支援予算を活用して、新しい観光商品の開発や観光地の整備、観光プロモーションの実行など、様々な観光支援策を起案したり、投票することができる。

ルーラコインは、全国の観光地で使える日本初の観光に特化した地域デジタル通貨。全国の観光地で横断的に使えるデジタル通貨(1ルーラコイン=1円)とプレミアムポイント(キャンペーン毎に付与されるプレミアムポイント)の2つで構成されている。従来型の地域デジタル通貨が抱えている「限られた地域でしか使えない」「観光客があまり利用しない」という弱点を補う全国規模のネットワークを持つ日本初のデジタル通貨となっている。現在、12地域、91店舗で利用することが可能となっており、2022年中には50地域、500店舗に拡大予定だとしている。

【参照記事】観光特化型デジタル通貨「ルーラコイン」を提供する株式会社ルーラと、暗号資産交換業者Bitgate株式会社は世界初の観光促進に繋がる暗号資産「ルーラトークン」のIEO実現に向けたプロジェクトを開始

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。