スタンダードキャピタル株式会社のセキュリティトークン取引所「ALLEX」の開設予定について

セキュリティトークンの独自規格を開発するスタンダードキャピタル株式会社は、この度セキュリティトークン取引所「ALLEX」の開設を予定していることを発表した。

ブロックチェーンやAIといった新興産業が次々と誕生している現代社会において、新しいビジネスを始めようと思っても、多くの場合は資金不足から行動を起こせないまま終わってしまうことがある。特にベンチャー企業や中小企業の多くは実現したいビジネスがあっても資金調達に時間がかかってしまうことで諦めざるを得ないというケースが少なくない。

他にも上場銘柄への投資は金額が大きくなるために限られた投資家しかできないといった問題もあり、自分が応援したいと思う企業に出資するのが難しいために、投資機会の損失を招いてしまっているケースも存在する。最近では、クラウドファンディングやソーシャルレンディングといった少額から始められる投資手法が広がりを見せているが、より多くの人々が新たなビジネスに挑戦し、投資に参加できるような社会の実現が求められている。

そのためのソリューションとして、スタンダードキャピタルはセキュリティトークン取引所の開発に取り組んでいる。セキュリティトークンによって、企業はトークンエコノミーを活用した資金調達が可能になり、これまで投資に参加できなかった人々も小口投資が行えるようになる。同社は創業当初から日本においてセキュリティトークンの開発を開始し、トランザクション処理速度の実証実験を行い、技術情報の共有を通じて相互的な発展を目指している。

将来的には証券取引へのブロックチェーン技術の活用を目標としており、日本におけるセキュリティトークンの独自規格の開発を進めている。開発チームは、経験豊富なブロックチェーン開発者、そして数多くのフィンテック技術者で構成されており、その技術力によって不動産、金融領域で幅広い取り組みを行なっている。

そして、同社はフィリピンRare Earth Asia Technologies社との事業提携を2019年6月に結び、セキュリティトークン取引所運営のための合弁会社を設立。フィリピンのカガヤン経済特区庁のCEZAと協議を行い11月にはフィリピンで初となるSTOによる資金調達を計画している。

また、セキュリティトークン取引所「ALLEX」の開設を2020年1月に予定しており、取引所トークンであるALLEXTOKENについては11月に開発の方を終了する予定だ。引き続きスタンダードキャピタルはSTO事業の拡大に向けての取り組みを進めている。セキュリティトークン市場の発展に貢献し、様々なビジネスの相乗効果(シナジー)を探求することが同社の使命であり、より良い事業環境や持続的に成長する市場を生み出すことを目指して、今後も取り組みを進めていくと言う。

ST取引所ロードマップ

ALLEX TOKENロードマップ

ALLEX セキュリティトークン標準規格への取り組み











記事提供:

HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!