SWIFT、即時決済の実証実験を成功。国際送金を最短13秒で完結へ

世界中の銀行の海外送金や決済を標準化するプラットフォームを提供するSWIFT(国際銀行間金融通信協会)は7月18日、ヨーロッパ・北アメリカ間における国際送金の即時決済に成功したと発表した。

SWIFTを利用した国際送金は、各国の銀行を経由しながら送金を行うため、手数料や日時が定かでないことや、送金のエラーなどがかねて問題視されていた。今回の実証実験では、オーストラリアや中国、カナダ、ルクセンブルクなど7か国の17銀行が参加しており、すべての送金実験において決済は25秒以内(最速で13秒)に完了したことが報告されている。

この実験に利用されたSWIFTが開発したシステム「SWIFT gpi」は、24時間365日の稼働が可能なシステムで、コルレス銀行ネットワークを活用して迅速で安価かつセキュアな送金を可能にする。SWIFT gpiは、SWIFTが現在提供する決済システムとの統合が容易なため、採用する金融機関にとって初期費用が軽減できるのがメリットだ。

SWIFT gpiは2017年のローンチ以来、すでにSWIFTのトラフィックの85%を占める3500行もの金融機関、55の市場インフラとして利用されている。200以上の地域で11,000以上の金融機関を顧客にもつSWIFTは、旧来システムの象徴としてRippleやLibraなどから打倒される対象とされてきた。今後、クロスボーダー決済の主導権を巡る競争が激化することは必至だ。

【参照記事】SWIFT sees success with global instant cross-border payments with Singapore’s FAST


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」