露プーチン大統領がブロックチェーンの必要性を示唆「遅れをとってはいけない」

ロシアのプーチン大統領が、ブロックチェーン技術の導入を支持したようだ。同氏は、国内最大の銀行ズベルバンクの社長Herman Gref氏との会談のなかで、ブロックチェーンがロシア国内においてすでに発展しつつあると指摘。将来の進展のために、これらの技術を最大限に活用する必要があると述べた。

そして「石器時代は石がなくなったから終わったのではなく、新しい技術が登場したから終わったのだ。」と語り、「新しい技術を遅れて採用することは、その技術で指導的役割を担った国に依存することになる。ロシアにはあってはならないことだ。」と強調している。

Gref氏は今回の会談のなかで、ブロックチェーン専門家養成のためのプログラムの必要性を指摘し、仮想通貨を「禁止」するのではなく「慎重に規制」することを提案している。

ズベルバンクは、昨年12月にロシア連邦反独占庁(FAS)と提携して文書転送とストレージシステムにブロックチェーンを導入した。まもなくスイスで仮想通貨取引所を開始するという。

ロシアではビットコインをはじめとした仮想通貨での決済が禁止されている。しかし、当局は先月、一定の条件下での仮想通貨の取引とICOを認める法案を打ち出した。 現在は、さまざまな場面でブロックチェーン導入の実験が行われているようだ。今後の展開も引き続き追っていこう。

【参照サイト】Without Mentioning Blockchain, Putin Says That Russia Must Stay Ahead In Technology
【参照サイト】Vladimir Putin Says Russia Needs Blockchain, Cannot be Late in the Race
【関連ページ】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法(BTC)

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。