SUSHI TOP MARKETING、メディア活用のNFT広告サービスを開始

トークングラフマーケティング企業SUSHI TOP MARKETINGは10月25日、新聞紙面上のQRコードやテレビ番組で音声を用いたリアルタイムのNFT配布サービスに成功したと発表した。

暗号資産や仮想通貨ウォレットを所有せずにNFTを保有できる配布サービス「NFT Shot」を展開するSUSHI TOP MARKETINGは、9月26日の日経新聞紙面にNFT広告を掲載。QRコードをスキャンするだけで、Astar Network上のNFTが取得できる広告実験を試みた。同社は、今年6月ビジネスの事例創出のためにAstar Japan Labにも入会していた。

Astar Networkは、渡辺創太氏がCEOを務めるStake Technologiesが開発した日本発のパブリックブロックチェーン。Astarは、Ethereum Virtual Machine(EVM)とWebAssembly(WASM)をサポートしており、開発者がdAppsを開発しやすい環境を整えているのが特徴だ。

音声を使ったNFT配布は、9月21日24時55分放送のテレビ番組「エンタテ!区~テレビが知らないe世界~」の放送中にリアルタイムで実施された。ここで採用されているのが、音の信号処理ソフトウェア企業Evixar社の開発したAudio Watermark(音響透かし・音声透かし)技術である。

SUSHI TOP MARKETINGは、スマホだけでNFT保有を可能にするこのブラウザウォレット技術の特許を申請中で、大量のNFTを安定して配布する技術やNFT保有者だけがアクセスできるWebサイトやSNS創設するサービスも提供しているという。

【参照記事】

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。