Facebookリブラ、米ドルなどのペグによるステーブルコインへの変更も示唆

Facebookの独自仮想通貨リブラは20日、ホワイトペーパーで提案していた通貨バスケットではなく、米ドルなどの特定の法定通貨とのペグによるステーブルコインへ移行の可能性もあると明かした。米ロイター通信が報告している。

ロイターによると、リブラプロジェクトの責任者で仮想通貨ウォレットCalibraのCEOデビット・マーカス氏は、銀行セミナーで次のように言及したという。効率的な支払システム確立のために、リブラが米ドル、ユーロ、英ポンドなどの法定通貨と連動したステーブルコインとなる可能性も視野に入れているが、あくまでもオプションである。

今月初め、決済サービス大手のVISAとマスターカードがリブラアソシエーションから撤退し、続けてPayPalやEbayなど合計6社が撤退した。セミナーに参加した金融グループの代表らは、仮想通貨に厳格な規則を設けることに強く同意し、リスク対処が明確化されるまで発行は見送るべきという見解を示した。政策立案者と規制当局側も、金融システムへの危惧、マネーロンダリングの危険性など懸念がぬぐえない。マーカス氏は、2020年6月のローンチを目指しているものの、規制上のハードルをクリアするために延期も止むを得ないとも発言している。今後の進捗に注目が集まる。

【参照記事】Facebook open to currency-pegged stablecoins for Libra project


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」