マクロン大統領、「Web3はフランスとヨーロッパがウェブの次世代をリードする機会」

エマニュエル・マクロン大統領は、ヨーロッパがアメリカや中国の巨大企業に依存することなく、Web3の技術的な基礎を築くことの重要性について述べたという。4月22日、仏暗号資産メディアのThe Big Whaleによるインタビューの中で明らかとなった。

マクロン大統領は、「技術的に可能な限り中立であることに細心の注意を払うことで、デジタルユーロについてより早く動くことにつながるはず」と述べており、「ヨーロッパが中心的なプレイヤーになる」ためには欧州の文化機関はNFT政策を策定すべきだとしている。

また、マクロン大統領は、技術部門を発展させるために2030年までにフランスのユニコーンを100社、ヨーロッパのジャイアントを10社出現させるという目標を掲げている。

【参照記事】“French innovation, audacity and genius have made our greatness and our success”

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。