ポルシェ子会社、NFTスポーツコレカのマーケットプレイスをローンチ。ドイツサッカー協会を最初のパートナーに

独高級自動車メーカーのポルシェは6月14日、有望なスタートアップ企業構築を目的とする同社グループのForward31を通じ、NFTマーケットプレイスを提供するスタートアップFanzoneの設立を発表している。

Fanzoneでは、デジタルトレーディングカードのプラットフォーム開発・運営が行われており、デジタルプレーヤーカードを集めて交換する他、さまざまなゲームで使用することができる。現在は、NFT化されたドイツの男子・女子のナショナルチームや、U21ユースチーム、ドイツ3部リーグのサッカー選手のカードが収集でき、最初のパートナーとしてドイツサッカー協会(DFB)を迎えている。Fanzoneは新たなパートナーも募集中で、取り扱うスポーツのジャンルも今後広がると見られる。

ポルシェ・デジタルの会社設立責任者クリスチャン・クノール氏は、「トレーディングカードやアルバムの需要は途切れることがなく、有望な市場がデジタル化された」と話す。物理的なコレクティングカードは経年による劣化や紛失のリスクがあるが、デジタル化したNFTであればこうした問題が防げるだけでなく、ブロックチェーンによる検証で不正取引などにも対処できる。

スポーツ分野におけるNFTには、デジタルカード化されたNBA選手とその名シーンを集めるコレクションゲームでNFTブームの象徴でもある「NBA Top Shot」の他、フランスサッカー代表のNFTカードの販売が開始されたブロックチェーンサッカーゲーム「Sorare」、今月に入りメジャーリーグベースボール(MLB)とのコラボが報道されている「Candy Digital」などがある。

【参照記事】Forward31 launches start-up Fanzone

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。