仮想通貨交換業者、新たに2社が登録取り下げ

仮想通貨取引所「Mr.Exchange」を運営する株式会社ミスターエクスチェンジ(以下、ミスターエクスチェンジ)と仮想通貨交換業を行う株式会社東京ゲートウェイ(以下、東京ゲートウェイ)は3月29日、金融庁に仮想通貨交換業の申請の取り下げを申し出た。

金融庁は、コインチェックのNEMがハッキングにより盗まれた事件を受け、仮想通貨交換業者として登録申請中のみなし業者16社に対して、立ち入り検査などを行い利用者保護や安全対策などを検証していた。ミスターエクスチェンジと東京ゲートウェイはみなし業者16社のうちの2社だった。

ミスターエクスチェンジは、仮想通貨に関する情勢の変化に対応できるための万全な態勢を整えることが難しいと判断した。現在利用中の顧客の資産を円滑に返還するための手続きについては後日告知する。なお、同社は現在も入出金業務を行っている。

また、東京ゲートウェイは、金融庁から指摘を受けたいくつかの点について、力不足と権限不足により、速やかに解決できないと判断した。事業停止のスケジュールは後日告知する。現在は出金業務を行っている。

金融庁から各種の対策が不十分と指摘された同様の交換業者が引き続き事業を継続するか、今後の動向に注目だ。

【参照記事】仮想通貨交換業登録申請の取り下げについて
【参照記事】事業停止とスケジュール
【参照サイト】Mr.Exchange
【参照サイト】東京ゲートウェイ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」