CryptoGames株式会社、「Content-Ethereum」発行のジェネレーティブNFT収益を環境保全のために寄付

ブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を提供するCryptoGames株式会社は9月5日、株式会社博報堂プロダクツとの共同により、ガス代不要なパブリックブロックチェーン「Content-Ethereum(コンテンツイーサリアム)」を活用し、博報堂プロダクツが手がけてきたキャラクターのジェネレーティブNFTを発行。収益金の一部を環境保全のために寄付すると発表した。

CryptoGames株式会社は2019年、日本初のNFTトレーディングカードゲーム「クリプトスペルズ」をローンチしたブロックチェーンゲームやNFT関連サービスを開発する企業である。協賛する博報堂プロダクツは、広告やプロモーションを展開する総合制作事業会社で、同社が制作してきたキャラクターをはじめTVCM映像、3DCGなどをリサイクルして生成する独自のジェネレーティブNFTを「Recyclulun™」として販売する。

「Recyclulun™」は、CryptoGames株式会社が2021年3月にリリースしたクレジット決済可能のNFTプラットフォーム「NFTStudio」で販売されている。高額なイーサリアムガス代解消のため開発されたレイヤー2ソリューションのPolygonが基盤のプラットフォームだ。トランザクション手数料はプラットフォームが負担するため、クリエーターはNFTを無償で発行できるほか、クレジットカードによる決済が可能なNFTマーケットである。

今年3月NFTStudioは、ミンティング不要で環境に優しいNFTを制作できるだけでなく、コミュニティ先導によるガバナンスやサポートが充実したオープンブロックチェーン「Content-Ethereum」を導入した。このジェネレーティブNFTの発行は、環境啓発活動と企業、団体、地域などとの共創によるNFTエコノミー形成に貢献するプロジェクトとなっている。「Recyclulun™」は合計で48種のバリエーションがあり、1アイテム3,000円で販売されている。

【参照記事】CryptoGames株式会社が環境保全を啓蒙するチャリティー活動としてパブリックブロックチェーン「Content-Ethereum」上でジェネレーティブ NFT を発行
【参照URL】NFTStudio

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。