R3社のVoltron、貿易決済を電子化して効率向上へ

ブロックチェーン企業のR3社は5月8日、同社が手がけるCordaブロックチェーンプラットフォーム上に構築されている「Voltron」によって信用状を電子化するシミュレーションを行なった。

信用状は、国際間の取引を円滑に行うために銀行が発行する支払い確約書だ。従来の紙ベースの信用状を使う手続きでは、決済の全プロセス完了までに5日から10日の期間を要した。Voltronは、ブロックチェーン技術を利用することにより、手続きにかかる時間を24時間未満に短縮する。

R3社の報告書によると、シミュレーションに参加した銀行のうち、96%の参加者が「Voltronが信用状のプロセスを迅速化し、効率性を高め、コストを削減する」と回答したという。また、86%は「紙の信用状で行う取引には膨大な時間とリスクがある」と考えており、61%が「貿易フローをオープンアカウントへと移行する可能性が高い」という結果になったことが報告されている。

R3社代表のDavid E.Rutter氏は、今回のシミュレーションについて「世界トップクラスの貿易金融アプリケーションの1つとして『Voltron』を企業や銀行に証明することができた」と語っており、貿易金融の未来を変えるVoltron CorDappのトライアルへの参加を求めた。

【参照記事】Voltron trial sees major development of blockchain trade application


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」