新型コロナウイルス対策の支援として、ブロックチェーンを活用したSNSが売上金を全額寄付へ

ブロックチェーンを活用したSNS「bajji(バッジ)」を提供する株式会社bajjiは3月17日、昨今の新型コロナウイルスによる影響を鑑みて、特定商品の売上を全額寄付することを発表した。

bajjiは、人と実際に出会ったことを記録し(エンカウント)、その相手に対して信頼・期待・応援の気持ち(bajji/バッジ)を贈るサービスだ。これらの記録をSNS上で全ユーザーに公開することで、人との関係性を可視化し、新たな人との出会いを促進することを目指している。

現在、新型コロナウイルス対策により、多くのイベントや対面ミーティングがキャンセルまたはオンライン実施へ移行している。この状況を受け、bajjiは人との出会いがオンライン上であっても、その記録を残すことができる「リモートエンカウント機能」を2020年3月4日にリリースしている。

一方で、同社は「人と直接会って話すことの重要さ」も重要だと考え、「会って直接話したい」という気持ちを伝える「チャリティーbajji 気持ちエンカウント/Feeling Encounter」を販売開始したという。この同売上は、新型コロナウイルス対策に役立ててもらうため、関連組織へ寄付予定だ。

【参照記事】bajjiの使い方

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」