BraveブラウザがSolanaブロックチェーンを統合、Magic EdenでのNFT売買にも対応予定

次世代高速ブラウザBraveは5月27日、Solanaブロックチェーンのウォレット機能導入を発表した。最新のデスクトップ版Braveバージョン1.39にて、BraveとSolanaブロックチェーンのエコシステムの統合に向けた最初のステップがリリースされている。

バージョン1.39のBraveウォレットでは、BraveウォレットでのSolana(SOL)とファンジブルSolanaトークン(SPL)の購入や、販売・管理が可能となる

また、Basic Attention Token (BAT) 保持者は、SolanaブロックチェーンおよびEthereumとEthereum Virtual Machine(EVM)互換のブロックチェーンでのBATの使用が可能となる。ただし、SolanaブロックチェーンにおいてはWormholeを通じてラッピングする必要がある。

BAT保持者は今後、コミュニティファーストかつNFTベースのWeb3エコシステムであるMagic EdenでNFTを売買することができるようになる予定だ。また、デスクトップ版のBraveウォレットがSolana上のDAppsをサポートするようになるという。

【参照記事】BraveブラウザはSolanaブロックチェーンを統合し、Web3へのアクセスを拡大します

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。