WFP、ブロックチェーン活用でヨルダンの難民へ食糧支援

世界食糧計画(WFP)が、ヨルダンでブロックチェーン技術と虹彩認証技術を利用した食糧支援を行っている。8月28日、日本経済新聞が報じた

現在、同国内にあるシリア難民キャンプ2カ所に暮らす約11万人を対象として、虹彩認証システムによるID登録が行われている。住民たちには、1人当たり月20ディナール(約3千円)が支給され、キャンプ内のスーパーマーケットで利用ができる。2018年中には、スーパーマーケットのレジや銀行ATMと連携し、国内に滞在する50万人のシリア難民へ食糧支援を行う予定だ。

さらに、登録されたIDをブロックチェーン技術と連動させることで、同一人物への支援金の二重渡しを防ぎ、銀行への手数料を削減している。今後はキャンプ内での職業訓練履歴をブロックチェーンに反映させるなど、難民たちの自立を支援していく。

人命救助と権利を保護する国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、世界の難民は2017年末時点で過去最大の2540万人。さらに途上国に対し融資と継続的な支援を行う世界銀行(THE WORLD BANK)によれば、公的に存在が認知されていない人は約10億人に上るという。

【参照サイト】ブロックチェーンが支えるシリア難民の自立(IN FOCUS)

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」