2019年、ブロックチェーン関連求人の掲載は前年より増加するも求人検索は下落へ

米国において仮想通貨・ブロックチェーン分野の人材市場が拡大していることがわかった。仮想通貨メディアCoinGeek.comが報じている。

同サイトによると、フリーランス求人サイトであるアップワーク掲載の求人数で2019年に最も求人数が多かった業界はブロックチェーン業界だったことが報じられている。アップワークではブロックチェーンエンジニアの求人が517%増加しており、転職者向け企業レビューサイトのグラスドアによると7月時点で2,900以上のブロックチェーン求人の掲載があり、去年から40%増加したという。

米大手の求人indeedは、2018年2月から2019年2月にかけて、米国での仮想通貨・ブロックチェーンに関する求人が90%増加しているとしている。その一方で、仮想通貨の求人検索の割合は2018年6月から2019年6月の間に52%急落したことが報じられている。

【参照記事】Comparing the 2018 and 2019 blockchain job markets


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」