米ブロックチェーン企業、機関投資家向け仮想通貨サービスに総合保険の適用へ

機関投資家向けに仮想通貨金融サービスを提供するBitGoは2月20日、同社のホットウォレットBitGo Business Walletとカストディサービス向けの総合保険の取り扱いを発表した。

BitGoは機関投資家向けの仮想通貨金融サービス提供会社だ。同社は顧客に対して、セキュリティ、コンプライアンス、カストディソリューションを提供している。100種以上の仮想通貨をサポートし毎月150億ドルを処理する同社の顧客基盤は、世界最大の仮想通貨取引所を含み、50か国以上に及んでいる。

このほど発表された保険サービスでは、世界的な保険引受市場であるロイズを通じて、カストディ資産に対して最大1億米ドルの保険がかけられている。この保険は、英国の金融行動監視機構(FCA)に準拠した保険で、第三者によるハッキングや秘密鍵盗難、内部関係者によるインサイダー取引、秘密鍵の損傷や紛失に適用される。

BitGoは今回の保険取り扱いにあたって、透明性と正確性を追求している。同社は3月にこの保険に関するさまざまな質問を受け付けるウェビナーを開催予定とのことだ。セキュリティ面が不安視される仮想通貨市場では、こうした保険や信託保全のようなセーフティネットの整備が不可欠だ。

【参照記事】BitGo Sets the Standard for Insurance Coverage and Transparency

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。