Algorand、フォーミュラE参戦のEnvision RacingとヘルメットNFT発行へ

米国MIT発のブロックチェーンAlgorand(アルゴランド)が、電気自動車(EV)の国際レース・フォーミュラEに参戦のEnvision Racingと提携し、レースにちなんだヘルメットアートのNFTを発行する。このNFT売却のすべての収益はマダガスカルのマングローブの木の植林に寄付されるという。

ヘルメットアートNFTは、ABB FIAフォーミュラEレースを開催する8つの場所の1つを象徴するヘルメットが、1,000点限定で発売する。同NFTは、目的主導型プラットフォームnefdeals.ioが主導するマーケットプレイス「Metacourt」でレース開催の1週間前よりミンティングされる。NFTは、レース当日に公開されるとともに、ユニークなスペシャルエディションNFTを獲得するチャンスもあるという。また、8つすべての都市をモチーフとしたヘルメットを保有するユーザーは2023年に予定されている「究極のフォーミュラEレース体験」のチケットを獲得するチャンスが与えられる。

アルゴランド財団のCEO Staci Warden氏は、Bloombergのインタビューで「現在のブロックチェーンは多くのエネルギー消費を行うため、米国の企業にとってネガティブである」と述べている。また、環境への影響に対する批判によって今年始めにNFT立ち上げを断念したWWF(世界自然保護基金)について、「WWFが自然保護のために立ち上げたNFTプロジェクトはPolygonでローンチされたが、このプロジェクトが結局はイーサリアムブロックチェーン上に構築されていることでPoWの環境負荷が問題となった」と述べ、「WWFはカーボンネガティブなAlgorandブロックチェーンを選択すべきだった」としている。

Algorandは、ビットコイントランザクションで発生する338トンの二酸化炭素を、約0.0000004kgにまで減少できるというコンセンサスアルゴリズム「PPoS」を起用しており「最も環境に優しいブロックチェーン」を謳うブロックチェーンプラットフォームだ。Algorandのガバナンスを支援するアルゴランド財団は、カーボンオフセットプロジェクト企業Climate Tradeをはじめとするパートナーシップや環境保全プロジェクトを通じ、カーボンエミッションを推進している。

4月21日の「アースデイ」には、ニューヨークのタイムズスクエアの看板を消灯するイベントで、1時間ネオン看板を消灯し、Algorandブロックチェーン3億5千万件のトランザクションに相当する6,500キロワットを節約したというコンセプトで、カーボンオフセットや環境コストへの喚起を促した。

【参照記事】Algorand’s Formula E NFTs Are Tackling Climate Change Head-On

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。