最短即日で取引開始も!スマホ一台ではじめるビットコイン投資、そのポイントとは?

仮想通貨取引市場の特徴の一つは、24時間365日市場が動いていることです。夜に相場が急騰して「売りたい」と思ったときに、スマホだけで手軽に取引できるように、最近ではすべての工程をスマートフォンで完結できるように設計している取引所も増えてきています。

スマホアプリでの取引が一般的な仮想通貨投資でしたが、最近まで本人確認をスマホで完結することができませんでした。しかし、2020年現在では取引開始に必要な「本人確認」もスマホだけで行える仮想通貨取引所が増えてきています。

そこで、ここではパソコンを使わなくても口座開設から本人確認まで完了できる仮想通貨取引所についてご紹介します。是非チェックしてみてください。

目次

  1. 口座開設に必要な「本人確認」がスマホアプリで完結できる取引所・販売所
    1-1. アプリダウンロード数274万件突破の「Coincheck」
    1-2.ビットコイン取引量国内No.1の「bitFlyer」
    1-3. 合計取引量は国内最大規模の「bitbank」
    1-4.楽天グループの「楽天ウォレット」
  2. まとめ

口座開設に必要な「本人確認」がスマホアプリで完結できる取引所・販売所

1-1. アプリダウンロード数274万件突破の「Coincheck」

Coincheck
Coincheckはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。Coincheckのスマホアプリは優れたインターフェイスが評判で、2019年12月にアプリダウンロード数274万件を突破しています。

Coincheckのスマホアプリからアクセス可能な「販売所」は、国内最多となる13種類の仮想通貨を取り扱っており、それぞれ500円相当から売買できます。また、月々1万円~10万円を自動積立てできる「Coincheckつみたて」や、保有資産を貸出して年利を稼ぐ「貸仮想通貨」など便利なサービスをスマホアプリで管理できます。

Coincheckの「かんたん本人確認」

スマホ1
Coincheckは「かんたん本人確認」を採用しています。かんたん本人確認は、口座開設に必要な本人確認書類や顔写真をスマホカメラで撮影し、アップロードできるサービスです。PC上で本人確認を行う場合、コインチェックからハガキが郵送されるのを待つ必要があります。かんたん本人確認は、最短即日から取引が開始できるので便利です。

1-2.ビットコイン取引量国内No.1の「bitFlyer」

bitFlyer
bitFlyerは日本の主要メガバンク(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルなど)から出資を受けており、信頼された仮想通貨取引所の一つです。bitFlyerのスマホアプリからは「販売所」、「取引所」、「bitFlyer Lightning」にアクセスできます。

bitFlyerに販売所は11種類の銘柄(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムクラシック、モナコイン、リスク、BAT、ステラルーメン、ネム)を取り扱っています。bitFlyer Lightningでは高機能な注文機能を備えた現物・先物取引やレバレッジをかけた取引(ビットコインFX)が可能です。同社の現物/差金決済/先物取引を含むビットコイン取引量は国内No.1となっています(Bitcoin 日本語情報サイト調べ。2019 年国内取引所の総月間出来高より)。

またbitFlyerは、キャッシュバックやTポイントを使ってビットコインと交換できるサービスを提供しています。これまで一度もビットコインを保有したことがない方でも日常生活の中でビットコインに触れることができるので、ビットコインに投資してみたいけどわざわざ買うのには抵抗があるという方におすすめです。

bitFlyerのクイック本人確認

スマホ2
bitFlyerは、スマートフォンで本人確認書類と顔の写真⋅動画を撮影するだけで、オンライン上で本人確認が完了する「クイック本人確認」を導入しています。これまでPCを使った人確認には、審査完了からハガキの受け取りまで5営業日以上かかっていました。クイック本人確認なら最短即日で取引が可能になります。

1-3. 合計取引量は国内最大規模の「bitbank」

仮想通貨取引所・販売所のbitbank
「bitbank」はビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。ここは販売所形式やレバレッジ取引は設置しておらず、取引所形式の現物取引に特化しています。取り扱い通貨は6種類(ビットコイン、XRP、イーサリアム、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ)あり、合計の取引量は国内で最大です(※2020年5月 CoinMarketCap調べ)。

bitbankは世界的なチャートソフト「TradingView」を採用しており、100を超えるテクニカル分析が利用可能です。スマホからでも機能性を兼ね備えたチャートを利用しながらテクニカル分析を行うことができます。また、bitbankも貸仮想通貨サービスを提供しており最大年利3%となっています。そのため、長期投資を考えている方におすすめです。

bitbankのスマホで本人確認

スマホ3
bitbankは「スマホで本人確認」を2020年3月にスタートしました。現時点でiOS版のみ利用可能で、Android版は順次リリースされる予定です。bitbankのスマホで本人確認は、パソコンの画面上に表示されるQRコードをスマートフォンで読み取るか、スマートフォンアプリから使用できます。スマホで本人確認なら、最短1営業日で取引開始となります。

1-4.楽天グループの「楽天ウォレット」

仮想通貨取引所・販売所の楽天ウォレット
「楽天ウォレット」は楽天ウォレット株式会社が運営する仮想通貨販売所です。金融サービスも提供する楽天グループだけあって、サービスやセキュリティ、内部管理態勢なども十分考慮されています。楽天銀行との連携で、スマホで銀行残高の確認と入出金ができます。入出金は365日24時間、リアルタイム入金が可能です。

現物取引は3種類の銘柄(ビットコイン、イーサリアム、XRP)を取り扱っており、100円相当から購入できます。また、レバレッジ取引専用アプリ「楽天ウォレットPro」はライトコインとビットコインキャッシュを加えた合計5種類の銘柄で、証拠金に対し最大2倍のレバレッジ取引ができます。

楽天スーパーポイントを仮想通貨に交換することもでき、最低100ポイントから(1ポイント=1円相当)、現物取引の3銘柄と交換できます。現金の入金に躊躇してしまう方も、ポイントであれば気軽に始めやすいと思います。

楽天銀行の口座保有者は即時取引可能

スマホ4
楽天ウォレットの本人確認方法は2つあります。1つは楽天銀行の口座振替登録をすることです。もう1つは、「らくらく本人確認」です。楽天銀行の口座をまだ持っていない人は、「らくらく本人確認」によって最短即日で口座開設ができます。なお、楽天ウォレットに入金するには、楽天銀行の口座が必要です。

まとめ

多くの仮想通貨取引所がスマホから簡単に口座開設できるようになり、仮想通貨の投資環境はますます便利になっています。

取引所によって取扱銘柄や提供しているサービスに特徴があり、bitFlyerではTポイント、楽天では楽天スーパーポイントと交換できる機能などのそれぞれユニークなサービスを提供しています。賢くポイントを活用するということであれば、複数の取引所で口座開設して、用途に応じて使い分けることがおすすめです。

仮想通貨取引所のスマホアプリのダウンロードや口座開設は無料で行えますので、ビットコインに興味があるという方はまずポイントを活用したビットコイン投資などを検討してみてはいかがでしょうか。これを機に、ぜひ各社サービスに触れてみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。