取引所方式と販売所方式は使い分けた方がいい?損をしないために知っておくべきポイント

シンプルで直感的に操作できる販売所方式は投資初心者にも利用しやすいよう設計されていますが、操作面や利便性だけで選ぶと、意外にコストがかさんでしまうかもしれません。

多くの仮想通貨交換業者は「取引所形式」と「販売所形式」の2種類の取引サービスを提供していますが、取引にかかる手数料設定が異なっています。ここでは、販売所方式と取引所方式の違い、メリットやデメリットを確認し、どちらの方式を選べば良いのか、あるいは使い分けた方がいいのかを詳しく解説します。また、お得に仮想通貨が購入できる・入手できる仮想通貨取引所をご紹介します。

目次

  1. 取引所方式と販売所方式の取引方法の違い
  2. 販売所のスプレッドとは?
  3. お得に仮想通貨が購入できる・入手できる仮想通貨取引所
    3-1. 取引手数料無料のコインチェックの取引所
    3-2. 取扱銘柄がマイナス手数料でお得に取引できるGMOコイン
    3-3. Counterpartyトークンなど独自トークンが購入可能な取引所「Zaif」
  4. 取扱銘柄・注文機能・手数料などを比較
  5. まとめ

①取引所方式と販売所方式の取引方法の違い

bitFlyer 販売所
販売所というのは、投資家が仮想通貨取引所を相手に仮想通貨を購入(売却)するサービスです。提示されている価格で取引所からすぐに購入(売却)ができるので、取引チャンスを逃すリスクが低いというメリットがあります。また販売所の注文画面は「買値」と「売値」だけがシンプルに表示された「2Wayプライス」となっているため、初心者向きの取引方法と言えます。しかし、販売所は、購入価格と売却価格の差(スプレッド)が、質的な手数料の役割を果たしています。そのため、取引所と比べて購入価格が高く、売却価格は低くなる傾向があります。

GMO coin 2
一方、取引所方式というのは投資家同士が売買注文を使って仮想通貨を取引するものです。運営会社は取引当事者を仲介する「板」と呼ばれる取引場所を提供します。この方式は、自分で指定した価格で購入する指値注文や、その他のなどさまざまな注文方式で仮想通貨の購入ができます。また販売所と比較して、取引所に対して支払う手数料を大幅に削減できるメリットがあります。しかし、取引所方式では、反対注文(自分が「買い」ポジションの場合に、反対のポジションとなる「売り」のこと)を出す投資家がいなければ注文は約定されません。そのため必ずしも自分が購入したい数の仮想通貨を購入できる訳ではないというデメリットがあります。

②販売所のスプレッドとは?

買値と売値の価格差をスプレッドと呼びます。運営企業は販売所方式の買値と売値を調整しながら収益を得ていると言えます。長期投資を考えている投資家にとって手元のスプレッドは誤差の範囲と言えるかもしれません。そうした方には、すぐに購入できる販売所に利便性があると言えます。ただ、できるだけコストをかけたくないという方は、取引所経由で仮想通貨を購入するのが賢明です。使い分けとしては、長期投資が目的なら販売所形式を利用し、頻繁に売買する際には取引所形式を利用してみるのがいいでしょう。

③お得に仮想通貨が購入できる・入手できる仮想通貨取引所

3-1. 取引手数料無料のコインチェックの取引所

Coincheck
コインチェックはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。

コインチェックの取引所(現物取引)は手数料無料で利用できるのでお得です。以下のホーム画面(PC)に表示されている取引所は、初心者にも簡単に取引できるよう設計されており、シンプルな注文が可能です。板に表示された価格をクリックすると「レート」に反映されるので、初心者でも安心して利用できます。取引所で取引できる仮想通貨はビットコイン(BTC/JPY)とファクトム(FCT/JPY)、イーサリアムクラシック(ETC/JPY)、モナコイン(MONA/JPY)ですが、コインチェックは随時追加していく意向を表明しています。

Coincheck board

また、コインチェックはWEBの取引専用ツール「Trade view」を提供しており「BTC/JPY」を取引できます。Trade viewは板情報に加えて、ボリンジャーバンドや一目均衡表など、主要なインジケータを利用したチャート分析が可能なトレードツールです。成行・指値に加えて逆指値注文も利用できるので、利益・損失確定の注文を出しておくこともできます。

3-2. 取扱銘柄がマイナス手数料でお得に取引できるGMOコイン

GMOコイン
「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMOクリック証券など金融サービスのノウハウを活かした運営がGMOコインの特徴です。

GMOコインは、販売所および暗号資産FXでBTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XEM、XLM、BAT、OMG、XTZの10種類、販売所では前述の10種とQTUM、ENJを含む12種類の通貨を取り扱っています。GMOコインではメイカー取引にマイナス手数料を採用していることが特徴です。

GMOCoin fee
GMOコインでは高機能チャート(TradingView)を実装しており、Windows、Mac、スマートフォンブラウザから取引専用ツール「WebTrader」を利用することができます。

3-3. Counterpartyトークンなど独自トークンが購入可能な取引所「Zaif」

Zaif
Zaifは株式会社Zaifが運営する仮想通貨取引所です。初心者にとって使いやすい販売所(簡単売買)、短期トレーディングにも使いやすい取引所(Orderbook Trading)、レバレッジ取引が可能なAirFXの3種類の仮想通貨取引サービスを展開しています。国内ではZaifでしか購入できない仮想通貨も多く、注目度の高い取引所です。

Zaifでは、Zaicaと呼ばれるブロックチェーン技術を用いた暗号資産・トークンの発行支援サービスを行う他、Twitterユーザーに暗号資産を手数料無料で送金できるソーシャルチップ機能を提供するなど、暗号資産の特性を活かした独自のサービスを提供しています。また、Zaifでは他取引所では取り扱いのないCounterpartyトークンの取引が可能なことも特徴の一つとなっています。

Zaifにおいても高機能なチャートが実装されており、ロウソク足、日足、時足、秒足などの細かなチャート、平均線やボリンジャーバンドなどでテクニカル分析に活用することができます。

④取扱銘柄・注文機能・手数料などを比較

コインチェック GMOコイン
取扱通貨(販売所) BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XEM、XLM、BAT、LSK、ETC、MONA、FCT、QTUM、IOST、Enjin Coin、OMG BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XEM、XLM、BAT、OMG、XTZ、QTUM、Enjin Coin
取扱銘柄(取引所) BTC/JPY、FCT/JPY、ETC/JPY、MONA/JPY BTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY
最小注文数量(BTC) 販売所:500円相当
0.0000001BTC
0.0001BTC
取引手数料(取引所) 無料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
注文機能(取引所) 成行、指値、逆指値 成行、指値、逆指値

⑤まとめ

日本の仮想通貨取引所は投資初心者でもわかりやすいように設計されているところが多く、優れたユーザーインターフェイスで直感的に操作できるコインチェックなどが代表的です。とにかく取引プロセスが簡単なところを選びたい方には大手仮想通貨取引所の販売所は大変おすすめです。ただ販売所方式は取引所方式とは仕組みが異なり、必要な取引手数料が設定されています。そうした特徴を理解した上で利用する事が重要です。

同じ取引所方式と言っても、運営企業によって手数料設定が異なります。GMOコインではメイカー取引はマイナス手数料に設定している一方、コインチェックは取引所の手数料が無料です。このように仮想通貨取引所によって、手数料や取り扱い銘柄などが異なるため、目的の仮想通貨が低い手数料で取引できるサービスを、それぞれ使い分けてみても良いでしょう。

また、取引所では突然メンテナンスが実施されるといったこともありますので、そういった際でも確実に取引ができるように複数の取引所を開いておくこともおすすめです。これを機に複数の口座開設を検討してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。