仮想通貨(暗号資産)取引所GMOコインのおすすめの使い方【初心者向け】

今回は、GMOコインの使い方について、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. GMOコインの概要
    1-1. 取引サービス
    1-2. NFTマーケットプレイス
  2. GMOコインのおすすめのポイント
    2-1. 24時間いつでも、最短10分で取引可能
    2-2. 長期投資に向いたサービスが充実
    2-3. 仮想通貨の知識習得に便利なコラム
    2-4. 入出金手数料が無料でスプレッドも狭い
    2-5. 日本トップレベルのセキュリティ
  3. 初心者におすすめのGMOコインの使い方
  4. まとめ

筆者は、日本国内の仮想通貨(暗号資産)取引所の中で初心者におすすめできる所としてGMOコインを勧めています。取扱っている仮想通貨の種類も、利用できるサービスも多く、取引コストを抑える手数料設定を採用するなどメリットの多い仮想通貨取引所です。そこで、今回はGMOコインと、特に初心者の方におすすめの使い方をトレーダー目線で解説をします。

①GMOコインの概要


まずは、GMOコインがどのような仮想通貨取引所であるかという点について解説します。

GMOコインは、「GMOインターネットグループ」に属する仮想通貨取引所です。金融部門ではGMOコインを始め、ネットバンクの「GMOあおぞらネット銀行」、FX取引高『世界第1位』の「GMOクリック証券」、FX会社の「FXプライムbyGMO」など多岐に渡るサービスを展開しています。2016年10月に設立されたGMOコインの口座数は現在、34.1万件を越えています(GMOフィナンシャルHD、2020年12月期第4四半期決算資料より)。

取引サービス

続いてGMOコインの仮想通貨取引所としての基本的なサービスラインナップについて解説します。GMOコインの取引サービスは取引所(現物取引)・取引所(レバレッジ取引)・販売所・暗号資産FXの4つを設けており、アルトコインの板取引が充実しています。2021年9月現在、国内仮想通貨取引所の中でも非常に多様な仮想通貨を取り扱っており、取り扱いコインとしては以下の14種類となります。

取扱いコイン:14種類

ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシック・アテンション・トークン(BAT)、OMG(OMG)、テゾス(XTZ)、エンジンコイン(ENJ)、ポルカドット(DOT)、コスモス(ATOM)

レバレッジ取引

GMOコインでは「暗号資産FX」と「取引所(レバレッジ取引)」の2つのサービスで、2倍のレバレッジを使用したトレードができます。このうち「暗号資産FX」は、2wayプライスによるシンプルな価格表示、3種類(IFD、OCO、IFD-OCO)の複合注文を採用しており、外国為替証拠金取引(FX取引)の経験がある投資家にとって利用しやすい仕組みとなっています。

NFTマーケットプレイス

2021年に入り大きな注目を集めているNFTですが、GMOインターネットグループでは NFT マーケットプレイス「Adam byGMO」を8月31日にローンチしました。仮想通貨ユーザー以外にとっても便利なクレジットカード決済や銀行振込での決済も可能で、NFT分野への幅広い需要獲得が見込めます。また、最も安い作品で500円からと、誰でも気軽に買えるコンテンツラインナップとなっています。

②GMOコインのおすすめのポイント

次にGMOコインの特徴を解説します。

24時間いつでも、最短10分で取引可能

GMOコインは日本国内在住の20歳以上の方なら誰でも利用でき、口座開設は非常に簡単かつ迅速にできるようになっています。「かんたん本人確認」を利用することで24時間いつでも最短10分で登録から取引まで可能となります。

スマホアプリや公式ホームページ等からメールアドレスでアカウントが登録し、名前などの基本情報を入力、本人確認用の写真をアップロードするだけで口座開設の手続きが完了します。その後、本人確認が行われて口座がアクティベートされ、入金をすることで取引が可能となりますが、ここまでが24時間で最短で10分で完了するということです。

もっとも、これは完全な準備をした上での最短時間であり、申し込みが殺到している時はより時間が必要な場合もありますが、GMOコインは素早く取引を開始することができます。

長期投資に向いたサービスが充実

GMOコインの強みとして、長期投資にオススメできるサービスを数多く提供している点があります。

例えば、保有している仮想通貨を貸し出して最大年利3%を得ることができる「貸暗号資産」や、テゾス(XTZ)を保有するだけで報酬が得られる「ステーキング」があります。これらは長期投資に相性の良いサービスです。他にも、まとまった資金がない場合や、収入の中から定期的に積み立てを行いたい場合に利用ができる積立のサービスも取り扱っています。

仮想通貨の知識習得に便利なコラム

仮想通貨初心者の方は、株式投資やFX投資の経験者の方でもブロックチェーン技術やユースケースでの利用方法などについては全く知らないことが多いと思います。

GMOコインの提供コンテンツの一つである「コラム」は、仮想通貨そのものの解説からトレードの方法、サービス内容の詳細まで仮想通貨初心者にとって有益な情報が多く、仮想通貨の知識習得に最適なコンテンツが用意されています。

他にも初心者向けコンテンツとして「ふんわり暗号資産」という動画も用意されており、シンプルでわかりやすく仮想通貨のことを学ぶことができます。

入出金手数料が無料でスプレッドも狭い

国内のFX会社では入出金手数料を無料にすることが主流となっていますが、仮想通貨取引会社の多くは入出金手数料を有料としています。

しかし、GMOコインでは入出金が無料です。また、仮想通貨トレードをする際に最も大きなコストとなるスプレッド(売値と買値の差)は、販売所と比べて取引所の方が狭い傾向にあるため、短期トレードをする際にもコストを低く抑える事が可能です。

日本トップレベルのセキュリティ

国内仮想通貨取引所でもいくつか仮想通貨の流出事件やハッキング事件などが過去にありましたが GMO コインでそのような事件は発生していません。

GMO インターネットグループが、設立当初からインターネットサービスをメイン事業とし、ネット銀行や証券で培われたノウハウを活かし、徹底的なサイバー攻撃態勢と、内部の不正対策の整備がされています。

ユーザーの資産は全て分別管理され、毎営業日ごとに照合されています。また、24時間監視を行なっているため安心して取引が行えます。

③初心者におすすめのGMOコインの使い方

最後に初心者におすすめのGMOコインの使い方について解説します。

まず長期投資を行い、コラムで仮想通貨の知識を得る

GMOコインの初心者にオススメの使い方としては、選択肢の多い取扱通貨の中から長期投資のポートフォリオを組んで投資をすることです。

GMOコインでは、取り扱うすべての仮想通貨でレンディングサービスが使用できるため、長期投資の場合は積極的に利用すると良いでしょう。さらにテゾス(XTZ)をポートフォリオに組み入れる場合は、ステーキングサービスも利用できます。そうすることで長期投資のキャピタルゲインだけではなく、確実な報酬を手にすることが可能となります。

【関連記事】:ステーキングとスイングトレードを組み合わせた運用方法【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

④まとめ

GMOコインは、取り扱い仮想通貨の種類の多さやレバレッジ取引が可能で、長期投資だけではなく短期投資にも利用したい仮想通貨取引所です。今は初心者であっても、中・上級者となった時でも使い続けたい仮想通貨取引所の一つだと思います。まずは、最短10分の口座開設から始めてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12