貸仮想通貨のメリット・デメリットは?コインチェックの貸仮想通貨の手続きを徹底解説

証券市場では、投資家が保有している株券等を証券会社に貸し出すことで、証券会社から貸株金利を受け取る貸株サービスがあります。

同様に、仮想通貨(暗号資産)を貸し出して利益を得られることは、知らない方も多いのではないでしょうか。マネックスグループ子会社の暗号資産取引所コインチェックでは、最大年率5%の「貸仮想通貨」サービスを提供しています。

暗号資産を長期的に保有するのであれば、資産をただ寝かせておくよりも金利を受け取ることができる貸仮想通貨の利用がおすすめです。この記事では、貸仮想通貨の基礎知識から利用方法まで、詳しく解説致します。

目次

  1. 貸仮想通貨とは?
  2. 貸仮想通貨サービスを利用するメリット
    2-1. 貸仮想通貨金利を受け取れる
    2-2. 銀行よりも利益率が高い
    2-3. 持ち逃げなど、不正が起こりにくい
  3. 貸仮想通貨サービスのデメリット
    3-1. 貸出期間中に価格変動リスクを負う
    3-2. 貸出期間中に取引所が破綻するリスクを負う
  4. 貸仮想通貨サービスの概要
    4-1. ビットコインの貸出シミュレーション
  5. 貸仮想通貨の貸出申請方法
  6. 貸仮想通貨の注意事項
  7. まとめ

①貸仮想通貨とは?

貸仮想通貨(レンディング)とは、投資家が保有している暗号資産を暗号資産取引所に貸し出し、期間と貸付数量に応じた利息分を暗号資産で得られるサービスです。長期的な値上がりを期待して暗号資産を保有し続けるつもりの投資家にとって、着実に暗号資産を増やせる魅力的な運用方法の一つです。

貸仮想通貨サービスを提供する暗号資産取引所は、「貸し手」と「借り手」を仲介する役割を担います。暗号資産の借り手は仲介者に金利を支払い、手持ち資金の数倍の金額を動かせる「信用取引」に利用する、というのが貸仮想通貨の仕組みです。

②貸仮想通貨サービスを利用するメリット

貸仮想通貨金利を受け取れる

貸仮想通貨を行う大きなメリットが、貸仮想通貨金利を受け取れるということです。投資経験が浅い方にとって、短期トレーディングでキャピタルゲインを上げるのは容易ではありません。将来的な値上がりを期待しつつ、インカムゲインを増やすことも可能なのが貸仮想通貨の魅力の1つとなっています。

銀行よりも利率が高い

貸仮想通貨の年率はおよそ1~5%に設定されています。例えば、貸仮想通貨金利が年率1.0%で1ビットコイン貸し出す場合、年間0.01ビットコインを金利として受け取ることができます。一般的な銀行の普通預金の年率が0.01%〜0.2%であることを踏まえると、貸仮想通貨の設定は十分に有利と言えるでしょう。貸仮想通貨サービスでは貸出期間ごとに年率が異なり、期間が長いほど高い年率を得られる仕組みが主流になっています。

持ち逃げなど、不正が起こりにくい

個人間の貸し借りでは資産持ち逃げなどのトラブルが懸念されますが、取引所が提供する貸仮想通貨サービスはそうしたリスクを軽減できるメリットがあります。取引所は契約に準じて管理を行うため、個人の貸し借りよりもカウンターパーティーリスクが低く、貸し手、借り手の双方にとって安心できる仕組みになっています。

③レンディングサービスのデメリット

貸出期間中は価格変動リスクを負う

仮想通貨の貸付当初と契約満期の段階とでは価格が変動しているため、ユーザーは仮想通貨の価格変動リスクを負うことになります。仮想通貨を貸し出すと満期まで資産を移動したり、売却することはできなくなります。資産価格が高騰して利確したいと思ったり、反対に暴落して損切りしたくなった場合も資産を動かせない注意が必要です。

貸出中に取引所が破綻するリスクを負う

万が一、取引所が破綻した場合は、貸仮想通貨に預けた資産が戻ってこないリスクもあります。コインチェックの「貸仮想通貨サービス」の場合、コインチェックとユーザーは無担保契約である「消費貸借契約」を締結します。つまり、コインチェックが破綻した場合、ユーザーが貸付けた暗号資産が返還されないという内容です。また、「貸仮想通貨サービス」は預金保険の対象外となっています。貸株サービスを提供しているのは大手会社がほとんどですので、いきなり倒産するケースはほとんど起きないかもしれません。ただ、貸仮想通貨を行うのであれば、資産の一部で貸仮想通貨を利用するなどリスク分散を考慮すると良いでしょう。

④コインチェックの貸仮想通貨サービスの概要

Coincheck lending 212
マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェックの「貸仮想通貨サービス」は、ユーザーが保有する仮想通貨を一定期間コインチェックに貸し出して、契約期間満了後に預けた仮想通貨と同量・同等の仮想通貨が返却されると同時に、利用料(利息)を仮想通貨で受取れるサービスです。

コインチェックの貸仮想通貨サービスではビットコインだけでなく、人気のアルトコインを含めて全16種類(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、ネム、ファクトム、ステラルーメン、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、IOST、Enjin Coin、OMG)の暗号資産に対応しています。

14日間・30日間・90日間・180日・365日間の4種類から貸出期間を選択でき、それぞれ1%~5%の年率が設定されています。最低1万円(相当)から利用でき、貸出上限は設定されていません。

ビットコインの貸仮想通貨シミュレーション

貸仮想通貨サービスの年率は貸出期間によって異なります。コインチェックの場合は以下のように設定されています。

  • 14日間:1.0%
  • 30日間:2.0%
  • 90日間:3.0%
  • 180日間:4.0%
  • 365日間:5.0%

例えば1 BTCを90日間貸出した場合、

  • 1 BTC × 0.03% ÷ 365日 × 90日 = 0.00739726BTC

が利用料(利息)として支払われます。

利息は暗号資産で支払われる点に注意しましょう。貸出開始日に対して償還日にビットコインの価格が増加(下落)していれば、利用料の日本円換算の価値が拡大(縮小)することになります。

⑤貸仮想通貨の貸出申請方法

それでは実際に貸仮想通貨を利用する方法をご説明します。貸出申請は以下の4ステップで行います。

STEP 1:コインチェックのアカウント開設

コインチェックでアカウントを開設し、本人確認を済ませましょう。アカウント開設の詳細方法は以下のページで御覧ください。

【関連記事】【暗号資産初心者向け】コインチェックで暗号資産投資を始める方法:口座開設編

STEP 2:貸仮想通貨アカウントに登録

コインチェックのアカウント開設が完了したら、コインチェックにログインした状態で画面上部にある「貸仮想通貨アカウント」を選択しましょう。

Coincheck lending 8

すると、貸仮想通貨のトップページが表示されるので、「利用規約」と「取引説明書」をチェックして「貸仮想通貨サービスに登録する」をクリックします。

Coincheck lending

貸仮想通貨のトップページからアカウントを直接登録することもできます。その場合もコインチェックの「本人確認」を済ませて、仮想通貨を入金することになります。

Coincheck lending 32

STEP 3:振替あるいは入金

Coincheck lending 1

次に、貸出を行うには貸仮想通貨アカウントに暗号資産を移す必要があります。まだコインチェックの取引アカウントに暗号資産を保有していない場合は購入するか、外部ウォレットから入金しましょう。

上図で「振替」をクリックすると、以下の画面が表示されます。ここで、貸出したい暗号資産を取引アカウントから貸仮想通貨アカウントに「振替」を行うことができます。下図は2 BTCを移す場面を想定しています。

Coincheck lending 3

サイドバーから「コインを受取る」をクリックすると、以下の画面が表示されます。これは、別の取引所や外部ウォレットで保管している仮想通貨を、貸仮想通貨アカウントに入金する場合に利用します。

Coincheck lending 4

希望の暗号資産を選択して、「アドレスを作成」をクリックすると以下のように表示されます。これを「送付先アドレス」に設定してご自身が所有している暗号資産を送付しましょう。

Coincheck lending 5

STEP 4:貸出申請

貸仮想通貨アカウントに暗号資産を移したら、いよいよ貸出申請を行います。サイドメニューの「コインを貸す」をクリックし、貸出ししたい仮想通貨を選択し、貸出期間を選び貸出数量を入力します。

Coincheck lending 6

貸出期間満期後に再度貸出を希望する場合は「返却時に再度貸出申請を行う」にチェックを入れましょう。必要事項の入力が完了したら「(仮想通貨)を貸す」ボタンをクリックしてください。コインチェックの空き枠が出来、承認が完了次第、貸出開始となります。

⑥コインチェック貸仮想通貨の注意事項

先述しました貸仮想通貨サービスの構造上、仮想通貨と期間毎に利用枠の上限があります。コインチェックは借入可能枠ができ次第、ユーザーの貸出申請順に承認する形式を取っています。以下の文面はコインチェックの実際の空き枠の案内メールです。

Coincheck lending 7

借入上限に達している場合、申請をしても貸出の承認まで期間を要する場合があります。貸出申請中であれば「貸出注文一覧」からキャンセルが可能です。

⑦まとめ

コインチェックの貸仮想通貨サービスは最大年率が5%と非常に魅力的です。また、サービス対象となる暗号資産の種類が多いため、アルトコインの保有者にとってもおすすめです。貸出期間も5パターン用意されており、数か月単位で選択できるため利用しやすくなっています。

しかし、最近は暗号資産のレンディングサービスの注目度が高まっているため、募集状況によっては一部か全ての申請が制限される場合があります。貸仮想通貨サービス自体は、GMOコインやbitbankも提供しています。それぞれの口座を開設して各所に資産を振り分けて、サービスを利用することも一つの方法です。そうすることで、万が一の場合のリスクを分散することができます。これを機に各社のレンディングサービスについてぜひ確認してみてください。

【関連記事】貸仮想通貨をするならどこがおすすめ?レンディングサービスを提供している暗号資産取引所3社を徹底比較!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。