ビットコイン投資初心者必見!暗号資産取引所選びの3つのポイント

暗号資産(仮想通貨)の取引をするには暗号資産取引所で口座を開設する必要があります。しかし日本国内には多くの取引所があるので、「どこがいいのか」、「何を基準に選べばいいのか分からない」といった方も多いと思います。取引所によって取引方法や取り扱い銘柄が変わってくるため、まずは自分の目的にあった取引所選びを心がけましょう。ここでは暗号資産取引所選びのポイントについてご紹介します。

目次

  1. 暗号資産取引所選びの3つのポイント
    1-1. 複数の暗号資産に分散投資をしたい
    1-2. ビットコインの板取引を利用したい
    1-3. 独自サービスがあるところを利用したい
  2. 初心者でも利用しやすい暗号資産取引所
    2-1. 取扱銘柄が国内最多のコインチェック
    2-2. ビットコイン取引量No.1を獲得!bitFlyer
    2-3. アルトコインのレバレッジ取引も可能なGMOコイン
    2-4. 業界最狭のスプレッドを提供する!SBI VCトレード
    2-5. レバレッジ取引の取引銘柄が豊富!DMM Bitcoin
  3. まとめ

①暗号資産取引所選びの3つのポイント

1-1. 複数の暗号資産に分散投資をしたい

暗号資産に限らず、金融商品に投資をする際に分散投資は好まれています。投資先を分散させることで、リスクを分散させることは大切です。暗号資産も1つの銘柄に集中して資金を投入するのではなく、いくつかに分散して購入してみるのもいいでしょう。その場合、時価総額の最も高いビットコインやイーサリアムを購入するのがセオリーです。

暗号資産には様々な種類があり、ビットコインを除く暗号資産を総称して「アルトコイン」と呼びます。個別のアルトコインに投資したい場合は、取扱い銘柄の多い暗号資産取引所を利用しましょう。

1-2. ビットコインの板取引を利用したい

株式のような板取引ができる暗号資産取引所は限られています。また、取引量の規模も様々です。取引量が大きいほど多くの資産を速やかに取引できます。bitFlyerは国内の暗号資産取引所でビットコイン取引量No.1の実績があり、多くのトレーダーに利用されています。板取引を利用できる取引所は通常、高機能トレードツールを提供しています。頻繁にトレーディングをしたい投資家は確認しておきたいサービスです。

1-3. 独自サービスがあるところを利用したい

暗号資産取引所には各社それぞれ独自サービスを提供しています。例えば、コインチェックでは「自動積立」「貸暗号資産」「コインチェックでんき・ガス」といったものがあります。暗号資産の自動積立は唯一コインチェックだけがサービスを提供しており、中長期的な投資をしたいと考えている方におすすめです。

②初心者でも利用しやすい暗号資産取引所

上記のポイントを踏まえて、暗号資産投資が初めての方にとって利用しやすい暗号資産取引所をご紹介します。自分には合っている取引所を探してみましょう。

2-1. 取扱銘柄が国内最多のコインチェック

Coincheck
コインチェックは、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する暗号資産取引所です。コインチェックは国内でも最多となる14種類の暗号資産(ビットコイン、XRP、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、XEM、イーサリアムクラシック、リスク、ファクトム、ライトコイン、モナコイン、ステラルーメン、クアンタム、BAT、IOST)を取り扱っています。2020年7~9月期の決算によると、コインチェックの本人登録済みのユーザー数は99万口座で、国内No.1となっています。

コインチェックのインターフェースはシンプルで分かりやすくなっており、不慣れな投資家でも直感的に取引しやすくなっています。またコインチェックは独自サービスにも力を入れており、自動積立サービスや、保有している暗号資産を貸し出して金利を稼ぐ「貸仮想通貨」を提供しています。コインチェックはいくつかの暗号資産に投資をしたい方や、アルトコインの中長期投資に向いている取引所の一つです。

2-2. ビットコイン取引量No.1を獲得!bitFlyer


株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。bitFlyerは初心者にとって理解しやすい「販売所」と「簡単取引所」、そしてレバレッジ取引ができて複雑な条件注文も可能な「bitFlyer Lightning」を提供しています。現物・差金決済・先物取引を含むbitFlyerのビットコイン取引量は国内No.1です(2019年総月間出来高、Bitcoin日本語情報サイト調べ)。

簡易取引所は初心者向けにわかりやすさを重視したUI(ユーザーインターフェース)となっています。簡易取引所ではビットコインのみが取引可能であり、アルトコインは基本的に販売所で利用することなります。販売所では、11種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、BAT、ステラルーメン、ネム)を取り扱っています。

bitFlyer Lightningは高機能取引ツールを利用できる取引所で、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ の取引に対応しています。bitFlyer Lightningはビットコインの証拠金取引(FX)にも対応しています。チャート描画やテクニカルインジケータ―など、FX取引に必要な機能が揃っています。

2-3. アルトコインのレバレッジ取引も可能なGMOコイン

bitFlyer
GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社です。GMOコインでは、同じくグループ会社であるGMOクリック証券で培われた金融サービス提供のノウハウや堅牢なセキュリティ、管理体制のもとで安心して暗号資産取引ができることが特徴です。

GMOコインでは、5種類の銘柄(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)で現物取引とレバレッジ取引を利用できます。取引所というのはユーザー間で暗号資産を取引する方法で、GMOコインは購入者と売却者を仲介する「板」を提供します。取引所(レバレッジ取引)限定で利用できる、PC専用の高機能ツール「WebTrader」はTradingViewを採用しており、81種類のインジケーターと70種類以上の描画機能を利用できます。

GMOコインは2種類のスマホアプリを提供しています。「GMOコイン 暗号資産ウォレット」はアプリ一つで日本円入金から、販売所、取引所での暗号資産取引を完了させられます。一方の暗号資産FX専用アプリ「ビットレ君」は、FX取引に必要な情報取得に特化しています。チャートでは全12種類のテクニカル指標や描画機能を利用できます。ワンタップで新規・決済・ドテン注文が可能な「スピード注文」を備えているため、相場変動を逃さずに対応しやすくなっています。

2-4. 業界最狭のスプレッドを提供する!SBI VCトレード

VCTRADE
SBI VCトレードはSBIグループのSBI VCトレード株式会社が運営する暗号資産販売所です。SBIグループは顧客中心主義とインターネット革命を標榜、デジタルアセット取引のグローバルスタンダードを目指しています。そのためグループ会社である住信SBIネット銀行との連携やセキュリティ体制など、金融機関をバックグラウンドにもつサービスが提供されています。

SBI VCトレードの販売所ではXRP、ビットコイン、イーサリアムの3種類が取り扱われており、成行注文と価格指定注文をすることができます。またリップル/円をはじめとした銘柄において、業界最狭水準のスプレッドを強調しています。2018年7月の自社調べ(他社現物販売所サービスとのスプレッド比較)によると、SBI VCトレードのビットコイン販売所のスプレッドは2%を切っており、競合他社と比べて現物の販売所方式のスプレッドとしては最も狭くなっています。

VCTRADE Proでは、ビットコイン(BTC/JPY)、イーサリアム(ETH/JPY)、XRP(XRP/JPY)の3つの銘柄を取り扱っています。株取引で使われる「板」で暗号資産を売買したいトレーダーにおすすめです。VCTRADE Proの取引手数料は無料。マーケットメイカー(MM)が常時流動性を供給しているので継続的な取引機会が提供されています。

2-5. レバレッジ取引の取引銘柄が豊富!DMM Bitcoin


DMM Bitcoinは、株式会社DMM.comのグループ会社である株式会社DMM Bitcoinが運営する暗号資産取引所です。DMM.comはグループ会社で10年近く金融サービスを提供した実績もあるため、DMM Bitcoinにおいてもグループ会社の金融ノウハウを活かした運営が行われていることが特徴です。

DMM Bitcoinはレバレッジ取引の対応銘柄が国内最多となっており、11種類の暗号資産(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ネム、イーサリアムクラシック、ステラ、モナコイン、ベーシックアテンショントークン、クアンタム)のレバレッジ取引に対応しています。日本円に加えて暗号資産建ての取引にも対応しており、利用可能な銘柄の取引の組み合わせは計18種類に上ります。なお、DMM Bitcoinで購入できる現物の暗号資産はビットコイン、イーサリアム、XRPの3銘柄なので、押さえておきましょう。

またDMM BitcoinのスマートフォンアプリはPC版に匹敵する充実の機能を搭載しており、使いやすいと利用者から高く評価されています。プッシュ通知機能(レートアラート通知、経済指標アラート)を備えており、暗号資産のチャート情報を見ながらワンタッチで発注できるなど、急な値動きにも対処しやすくなっています。

③まとめ

このように各取引所はそれぞれ特徴があります。多くの暗号資産に投資をしたいならコインチェック、アルトコインでレバレッジ取引がしたいならGMOコインやDMM Bitcoin、ビットコインの板取引ならbitFlyerやGMOコイン、SBI VCトレード、取引手数料をおさえたいなら、ビットコイン取引を利用で利用できるSBI VC トレードやコインチェックといったように、皆様の目的に合わせた取引所を選んでみましょう。

暗号資産取引所では緊急メンテナンスや万が一の取引制限などでアクセスできない場合もありますので、複数の取引所に口座を開設しておくことで、いつでも取引できる状況にしておくことができます。暗号資産取引所の口座開設は無料でできますので、これを機に各社サービスがどのようなものか、実際に確認してみてください。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。