【仮想通貨初心者向け】目的に合った仮想通貨交換業者の選び方【簡単売買~レバレッジ取引まで】

仮想通貨(暗号資産)には様々なタイプがあり、仮想通貨取引所によっても取扱い通貨やサービス内容も異なってきます。国内に金融庁・財務局へ登録済みの仮想通貨交換業者は31社あるのですが、初心者の方は取引所選びに迷ってしまって二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。

この記事では、初めて仮想通貨に投資する際の取引所選びのポイントについて解説します。手数料の安い会社や、サービスの充実している交換事業者を知りたい方はご参考にしてください。

目次

  1. 仮想通貨取引所選びで大切なポイントとは
    1-1.手数料の安さ
    1-2.取り扱う仮想通貨の豊富さ
    1-3.最低注文金額
    1-4.取引サービスの種類
    1-5.資産運用サービスの種類
  2. 仮想通貨取引所のおすすめは?
    2-1.国内最多17種類の仮想通貨を取り扱うコインチェック
    2-2.4つの取引方法を利用できるGMOコイン
    2-3.アルトコインのレバレッジ取引が豊富なDMM Bitcoin
    2-4.ビットコイン取引量で国内No.1のビットフライヤー
    2-5.仮想通貨の出庫手数料も無料なビットポイント
  3. まとめ

①仮想通貨取引所選びで大切なポイントとは

これからビットコインやイーサリアム、話題のアルトコインを購入したいという方は、以下のポイントで利用する取引所を選択してみましょう。

1-1. 手数料の安さ

仮想通貨投資にかかる手数料には、取引所の取引手数料、販売所のスプレッド(実質的な手数料を含む)、レバレッジ取引のポジション管理料、日本円の入出金手数料、仮想通貨の出庫手数料などがあります。特に販売所のスプレッドについては、運営会社や銘柄、市場環境によって変化するので注意しましょう。

最近では、日本円の入出金手数料や仮想通貨の出庫手数料についても無料に設定している企業も出てきています。投資予算が少ない間は、そうした企業を利用してコストを抑えると良いでしょう。

1-2. 取り扱う仮想通貨の豊富さ

日本の金融庁が認めた仮想通貨取引所で取り扱っている仮想通貨は、執筆時点に34種類あります。取引所によって取り揃えている銘柄が異なり、同じ事業者でも現物取引やレバレッジ取引によって銘柄の組み合わせが異なります。

個人投資家の間ではビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の人気が根強い傾向があります。色々なプロジェクトに関心のある方は、多くの仮想通貨を取り扱っている事業者の口座を最初に1つは開設しておきましょう。

1-3. 最低注文金額

少額投資からスタートする場合は最低注文金額のチェックも必要です。執筆時点にビットコインは1BTCあたり500万円を超えていますが、仮想通貨取引所の中には500円単位でビットコインを購入できるところもあります。

1-4. 取引サービスの充実度

仮想通貨の投資手段には、実際に資産を取得して価値の値上がり幅から利益を得る「現物取引」と、証拠金を預け入れて投資資金の数倍の取引ができる「レバレッジ取引(仮想通貨FX)」があります。別途、第一種金融商品取引業のライセンスが必要なため、レバレッジ取引を提供している仮想通貨取引所は限られてきます。

1-5. 資産運用サービスの有無

長期投資を検討するなら積立投資サービスやレンディングサービスを利用すると良いでしょう。ドルコスト平均法に基づいて自動的に仮想通貨を購入してくれるので、ボラティリティの影響を軽減し、平均取得単価を平準化することができます。保有している仮想通貨を貸し出して賃借料を受取れるレンディングサービスは、人気が高まっており多くの事業者が提供するようになってきています。

②仮想通貨取引所のおすすめは?

使いやすい取引サービスを備えていて、十分なバリエーションの仮想通貨を取り扱っており、手数料を抑えられるサービスと考えると、ある程度絞られてきます。初心者の方にも人気が高い仮想通貨取引所をご紹介します。

2-1. 国内最多17種類の仮想通貨を取り扱うコインチェック

Coincheck
コインチェックはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する暗号資産取引所です。国内でも最多の仮想通貨を取り扱っており、IOSTやEnjin Coinなど他の取引所では取り扱いが少ない仮想通貨を500円から購入することができます。これらのコインの多くは、レンディングサービス(貸仮想通貨)や積立投資(Coincheckつみたて)でも利用できます。

コインチェックは初心者でも扱いやすい販売所を提供している他、取引所サービスではビットコインを手数料無料で購入できます。取引画面もシンプルで直感的に操作しやすいこともあり、コインチェックは仮想通貨取引の最初の口座として多くの投資家に利用されています。コインチェックのスマホアプリは2021年6月時点に累計ダウンロード数415万を突破しています。

販売所 取扱銘柄 ビットコイン、XRP、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、XEM、イーサリアムクラシック、リスク、ファクトム、ライトコイン、モナコイン、ステラルーメン、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、IOST、Enjin Coin
取引所 取扱銘柄 BTC/JPY、ETC/JPY、MONA/JPY、FCT/JPY、PLT/JPY
最小注文数量 500円 (取引所)
500円(販売所)
取引手数料 取引所:無料
販売所:スプレッド

2-2. 4つの取引方法を利用できるGMOコイン

bitFlyer
GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する暗号資産取引所です。FX取引高『国内第1位』のGMOクリック証券で培った金融サービスのノウハウが、GMOコインにも活かされています。

GMOコインは取引所(現物取引)・取引所(レバレッジ取引)・販売所・暗号資産FXの4つを設けており、いずれもウォレットアプリから利用可能です。初心者から上級者まで幅広いユーザーが利用するGMOコインの口座数は34.1万件を越えています(GMOフィナンシャルHD、2020年12月期第4四半期決算資料より)。

取引所(現物取引)売買手数料はメイカー取引にマイナス手数料を採用しています。これは、取引の際に本来かかるべき手数料が報奨金として付与される仕組みで、指値注文を出すトレーダーにとって有利な条件です。

GMOコインは日本円の出金手数料と、仮想通貨の入出金手数料が無料な他、GMOあおぞらネット銀行、ジャパネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行から手数料無料で即時入金が可能となっている点も便利なポイントです。GMOコインは「貸暗号資産」を提供しているので、ユーザーは保有資産を貸し出して金利を稼ぐこともできます。

販売所 取扱銘柄 ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、オーエムジー、ベーシック・アテンション・トークン、テゾス、クアンタム、Enjin Coin、ポルカドット、コスモス
暗号資産FX 取扱銘柄 ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、オーエムジー、ベーシックアテンショントークン、テゾス
取引所(現物取引)取扱銘柄 BTC/JPY, ETH/JPY, LTC/JPY, XRP/JPY, BCH/JPY, XEM/JPY, XLM/JPY
取引所(レバレッジ取引)取扱銘柄 BTC/JPY, ETH/JPY, LTC/JPY, XRP/JPY, BCH/JPY
最小注文数量 販売所:0.00005 BTC
暗号資産FX:0.01 BTC 
取引所(現物取引):0.0001 BTC
取引所(レバレッジ取引):0.01 BTC
取引手数料 ・取引所(現物取引)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
・取引所(レバレッジ取引):ポジション金額の0.04% / 日
・販売所:スプレッド
・暗号資産FX:ポジション金額の0.04% / 日

2-3. アルトコインのレバレッジ取引が豊富なDMM Bitcoin


「DMM Bitcoin」は株式会社DMM.comのグループ会社であるDMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。DMMグループが培ってきた金融サービスのノウハウを活用し、株式などの金融商品取引経験のある投資家が利用しやすい取引サービスを提供している特徴があります。

DMM Bitcoinは「販売所」に特化しており、現物取引とレバレッジ取引を提供しています。レバレッジ取引の銘柄数は国内最多であり、アルトコインのトレーディングが可能な数少ない取引所の一つです。同社は規制準拠と顧客への安全なサービス提供を重視しており、現物資産を追加するよりも、トレーディング機能開発にリソースを注いでいます。新たな注文方式(BitMatch)の導入により販売所のスプレッドの課題を緩和するなど、金融ノウハウを活かした事業展開が魅力となっています。

DMM Bitcoinの日本円のクイック入金は24時間365日利用可能で、銀行手数料も含めて入金手数料が無料です。また、暗号資産の入出庫にかかる手数料も無料と便利です。

現物取引 取扱銘柄 ビットコイン、イーサリアム、XRP
販売所(レバレッジ取引)取扱銘柄 BTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPY、OMG/JPY、BAT/JPY、QTUM/JPY、XLM/JPY、MONA/JPY、XEM/JPY、LTC/JPY、ETC/JPY、BCH/JPY、ETH/BTC、XRP/BTC、XEM/BTC、LTC/BTC、ETC/BTC、BCH/BTC、ETC/ETH
最小注文数量 現物取引:0.001 BTC
レバレッジ取引:0.01 BTC
取引手数料 現物取引:スプレッド
レバレッジ手数料:ポジション金額の0.04% / 日

2-4. ビットコイン取引量で国内No.1のビットフライヤー


ビットフライヤーは日本の主要メガバンク(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルなど)から出資を受けている国内でも有数の仮想通貨取引所です。ビットフライヤーは初心者にとって理解しやすい「販売所」と「ビットコイン簡単取引所」、そしてレバレッジ取引ができて条件注文も可能な「bitFlyer Lightning」を提供しています。

bitFlyer Lightningは、現物取引とレバレッジ取引を取り扱っています。現物・差金決済・先物取引を含むビットフライヤーのビットコイン取引量は国内No.1(2019年総月間出来高、Bitcoin日本語情報サイト調べ)であり、他社の取引所と比較して、流動性が高い(現金に交換しやすい)点が特徴です。

ビットフライヤーの「かんたん積立」は、販売所で取り扱っている12種類の仮想通貨全てに対応しており、1回あたり1円~100万円までの範囲で積立金額を設定できます。また、Tポイントプログラムでは100ポイント毎に85円相当のビットコインと交換できるので、気軽にビットコイン投資を始めることができます。

販売所 取扱銘柄 ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リスク、イーサリアムクラシック、モナコイン、ベーシックアテンショントークン、テゾス、ステラルーメン、ポルカドット
bitFlyer Lightning取扱銘柄 BTC/JPY、ETH/JPY、ETH/BTC、BCH/BTC、BTC-FX/JPY
最小注文数量 販売所:0.00000001 BTC
簡単取引所:0.001 BTC
Lightning 現物:0.001 BTC
Lightning FX:0.01 BTC
Lightning Futures:0.001 BTC
取引手数料 ビットコイン簡単取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
販売所:スプレッド
レバレッジ手数料:ポジション金額の0.04% / 日

2-5. 仮想通貨の出庫手数料も無料なビットポイント

仮想通貨取引所・販売所のBITPoint
「BITPoint(ビットポイント)」は、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨(暗号資産)取引所です。BITPointは「販売所」と「取引所(BITPoint PRO)」を提供しており、主要な仮想通貨に加えてトロンやエイダコインといった国内ではBITPointでしか購入できない銘柄を揃えています。

取引所(BITPoint PRO)は取引手数料無料となっており、現金の即時入金手数料、仮想通貨の入出庫や口座管理料も無料です。外部ウォレットや別の取引所に仮想通貨を送付する際の出庫手数料がかからない点は他にはあまりないメリットです。BITPointでは仮想通貨のレンディングサービス「貸して増やす」も利用できます。

販売所取扱銘柄 ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ベーシックアテンショントークン、トロン、カルダノ
取引所取扱銘柄 BTC/JPY, ETH/JPY, XRP/JPY, BCH/JPY, LTC/JPY, BAT/JPY, TRX/JPY
最小注文数量 500円相当
取引手数料 取引所:無料
販売所:スプレッド
レバレッジ手数料:ポジション金額の0.035% / 日

③まとめ

今回ご紹介したように、取り扱っている仮想通貨の種類や取引サービス、手数料は取引所によって様々です。仮想通貨交換業者を選ぶ際はこれらの項目を確認した上で、自身の投資方針や資産状況に合うサービスを選ぶことが大切です。
取引所の口座開設は無料でできるので、用途に応じて使い分けても良いでしょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。