トラストトークンが提唱「ステーブルコインは将来有望」。Facebookリブラ進展にも繋がるのか

ステーブルコインTUSD(TrueUSD)を発行するTrustToken(トラストトークン)のエンジニアリング責任者Rafael Cosman氏は「ステーブルコインは従来の市場でもユースケースを拡大するだろう」と言及し、将来有望とする考えを示している。

トラストトークンは、トークンを法定通貨や他の資産に裏付けされたステーブルコインを構築するプラットフォーム会社である。イーサリアムベースのdAppによって構築されたプラットフォームは、世界中で資産価値を移動することを可能にする。米ドルと1対1で連動するTUSDは、今年6月のバイナンスとの提携で、顧客は手数料なしで法定通貨に換金も可能となった。同社は他にも、英ポンド、豪ドル、カナダドル、香港ドルを発行している。

Cosman氏は、ステーブルコインはユーザーが気づかないうちにクロスボーダー決済にも利用されるなど活用が広がっているという。デジタル通貨の機関取引ツールプロバイダーTradeBlockの調査では、個人送金アプリVenmoとの比較によるステーブルコインの推移が確認できる。5大「ERC-20トークン」と言われるテザー(USDT)、USDT、Paxos、Dai、TUSDのすべてが、チェーン上のボリュームとトランザクション数と共に増加した。2019年Q2での5銘柄全体のネットワーク料金は、82万7,000ドルで、370億ドル以上の転送があったことも明らかとなっている。

ステーブルコインの価値が上がる理由として、米議会がステーブルコインを証券とみなす法案提議も挙げられる。今年10月に提出された1933年証券法(Securities Act of 1933)の元での規制法案が制定されれば、現在暗礁に乗り上げていると見られるFacebookが関わるリブラの方向性を明確にする可能性も高い。今後の展開に注目したい。

【参照記事】Stablecoins see increase in on-chain volume and transactions this year


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」